東京ドームホテルで子供が得するキッズクラブ”ドーミーズ”のメリットと使ってみた感想

東京ドームホテルにはドーミーズというキッズクラブがあります。

3歳から小学生までが入会可能となっており、入会金・年会費は無料です。

年会費無料なので、我が家も実際に入会して利用しています。

そんなわけで今回は、ドーミーズのメリットと、実際に使ってみた感想のお話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ドーミーズのメリット

遊園地ワンデーパスポート値引

東京ドームホテルのあるエリアには、東京ドームシティアトラクションズという遊園地があります。

この遊園地は入場無料ですが、アトラクションに乗るときにはお金が必要です。

乗りたいアトラクションの分だけ料金を払ってもいいのですが、ワンデーパスポートを買えば、1日中好きなだけアトラクションに乗ることができます。

なので、できることならワンデーパスポートをゲットしたいところ。

気になるワンデーパスポートの料金は以下のとおりです。

種別 大人 シニア/中人 小人 幼児
ワンデーパスポート
1日乗り放題
(当日のみ有効)
3,900円     3,400円 2,500円 1,500円

※2019年3月23日(土)より、
ワンデーパスポートの料金 大人4,200円、シニア/中人3,700円、小人2,800円、幼児1,800円

出典:東京ドームシティアトラクションズ公式HP

大人:18才以上、シニア:60才以上、中人:中高生、小人:小学生、幼児:3才~小学校入学前 

結構高いですね・・・

でも、ワンデーパスポートの購入時にドーミーズの会員証を提示すると、200円の値引を受けることができます。

会員証1枚につき5名まで有効。GWやお盆期間等の除外期間あり。
たとえ数百円でも節約になりますから、ありがたいですね。

アソボーノ! フリーパス値引

東京ドームシティには、都内最大級の屋内型キッズ施設であるアソボーノ!もあります。

ボールプール、すべり台、トランポリン、トミカ、プラレール、おままごと道具・・・等、子供が喜ぶものがたくさんある凄い場所です。

子供は1日中いても飽きないでしょう。

だからものすごーく人気があって、休日なんかは入場待ちの行列ができるほどです。

そして、お値段もそれなりに必要。

出典:アソボーノ!公式HP

でも、ドーミーズの会員証をフロントに提示すれば、1日フリーパスが300円引きになります。

会員証1枚につき5名まで有効。GWやお盆期間等の除外期間あり。
2019年4月1日からは200円値引きに変更。
また、おとなの入館料も100円引きになります。

ただし、1日フリーパス券は平日のみの販売となっていて、休日は遊べば遊ぶほど料金が増えていくという恐ろしい設定です。

だけど、ドーミーズの会員証があれば、こどもの最初の60分の料金が100円引きになります。

100円あればジュースが飲めますからね。100円引きをあなどってはいけません。

イベントの案内

ドーミーズの会員には、東京ドームホテルからイベントの案内が届きます(ドーミーズ申し込み時にホテルからの案内を希望した場合のみ)。

あまりはっきりと覚えていませんが、ウルトラヒーローズのクリスマスファミリーパーティーの先行予約案内が届いたと思います。

出典:東京ドームホテル公式HP

我が家の娘は興味を示さなかったので行きませんでしたが、ウルトラマンが好きなお子さんには嬉しい特典ではないでしょうか(安くなるわけではないんだけどね・・・)。

そのほか、以下のような案内も届きました。

  • 東京ドームで開催されるイースタン・リーグの巨人戦の自由席に子供を招待(日時は決まっています)
  • 東京ドームホテル 七五三 特典(5%割引)

【2019.2.21追記】

騎士竜戦隊リュソウジャーGWファミリーブッフェの先行予約案内が届きました。

先行予約で申し込むと、特別ご優待料金(一般料金に比べて、大人:1,000円引き、子供:800円引き)が適用されるうえ、東京ドームシティアトラクションズのアトラクション1回券(1人2枚)がプレゼントされます。

毎年あるのかはわかりませんが、戦隊ものが好きなお子さんがいるご家庭にとってはかなり魅力的だと思われます。

持ち帰りケーキの割引

東京ドームホテルでは、1Fの「ガーデンテラス」、3Fの「リラッサ」でケーキを販売しています。

そして、ケーキを持ち帰りで買う時にドーミーズの会員証を提示すると、5%の割引になります。

ただし、割引になるのは持ち帰りのときだけなので、そこはお忘れなく。

東京ドームホテルのケーキはベーシックなラインナップで普通においしいので、個人的にはおススメです。

誕生月レストラン特典(バースデーカード)

ドーミーズの会員には、誕生日のある月にバースデーカードが届きます。

そしてこのバースデーカードには、東京ドームホテルのレストランへの招待券がついています。

我が家がいただいた招待券の内容を紹介すると、次のような感じでした。

アーティストカフェでキッズパノラマランチ(ランチ)またはキッズプレート(ディナー)をご招待

東京ドームホテルのアーティストカフェで子連れランチ。東京が一望できる、キッズメニューのあるレストラン。
東京ドームホテルに、アーティストカフェというレストランがあります。 東京ドームホテルには、リラッサという超人気のブッフェレストランがありま...

春風萬里でお子様御膳(ランチまたはディナー)をご招待

東京ドームシティ・ラクーアで子連れランチ  春風萬里は半個室もある和食のお店
東京ドームシティ・ラクーアには春風萬里(しゅんぷうばんり)という和食のお店があります。ラクーアの最上階である9階にある、2店舗のうちの1つで...

アーティストカフェのキッズパノラマランチは2,000円もするので、かなりお得な特典と言えるでしょう。

当日はバースデーカードを忘れないようにしましょう。

ちなみに、この特典内容は変更になることもあるようです。2019年2月1日からは、春風萬里ではなくリラッサへの招待券になります。

子連れランチ [水道橋・後楽園]東京ドームホテル リラッサ(ブッフェ)
東京にはブッフェのあるホテルがたくさんあります。 でも、小さな子どもと一緒に行くなら、子どもがたくさんいるところの方が安心できますよね? ...
バースデーカードは、誕生月の前月10日までに入会し、ドーミーズの入会申し込み時にホテルからの案内を希望している場合に届きます。

入会手続き

ここまで紹介してきたように、ドーミーズには素晴らしい特典がたくさんあります。

そして、特典が素晴らしいだけではなく、入会手続きもとっても簡単です。

東京ドームホテルのウェブ入会申し込みページから、必要事項を入力するだけ。

ホテルからのご案内は必ず希望しましょう。

入会申し込み手続きをすると、2週間前後で自宅に会員証が送られてきます。

会員証は、クレジットカードと同じようなプラスチック製のカードで、安っぽくなくていい感じです。

注意点

ここでは、ドーミーズについて個人的に注意が必要だと思ったことを紹介します。

自動更新ではない

ドーミーズは、3歳から小学生までが対象となっているので、最長で10年間は会員になることが可能です。

ただし有効期限があって、入会から2年後の月末まで(または小学校6年の3月末まで)となっています。

有効期限を迎えたときに会員資格が自動で更新されればいいのですが、そうはなっていません。何もしないで放っておくと、会員資格を失ってしまいます。

ドーミーズの会員を続けたい場合、有効期限が切れたら改めてウェブ入会申込ページから申し込み手続きを行う必要があります。

ちなみに、有効期限は会員証に記載されています。

携帯するのを忘れがち

これは自分の経験談ですが、ドーミーズの会員証を携帯するのを忘れてしまって、いざ必要なときに利用できなかったことがありました。

持ち帰りケーキの割引特典なんかは、突然利用シーンが訪れることがあるかもしれません。

そんなときに会員証を持っていないなんてことにならないように、いつでも持ち歩くようにした方が良いと思います。

利用してみた感想

最後に、ドーミーズを利用してみた感想です。

実は、東京ドームシティアトラクションズのワンデーパスポート割引も、アソボーノ!の割引も、東京ドームグループのポイントカードであるTDポイントカードの提示でも受けられます。

なので、メリットで紹介した内容のうち、個人的に魅力を感じているのは以下の2つです。

  • 持ち帰りケーキの5%割引
  • 誕生月レストラン特典(バースデーカード)

まず、持ち帰りケーキの割引ですが、5%とはいえ、年会費無料のカードを持っているだけで安くなるのは嬉しいです。

我が家は家族全員甘党なので、普通に自宅で食べるために利用しています。

そして、誕生月レストラン特典(バースデーカード)も、利用するときに大人の料金が必要になるとはいえ、ホテルでの外食で子供の食事代が無料になるのは非常に魅力的。

少なく見積もっても3,000円以上の価値があります。

というわけでドーミーズには、正直メリットしかないです。

東京ドームエリア近隣の方は言うまでもなく、そうでなくても、子供の誕生日のある月に東京ドームホテルのレストランに行くことが可能な方は、入っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る