ディズニーランドホテル ティンカーベルルームの感想(写真付き)

ディズニーリゾートへの旅行でバケーションパッケージを利用する場合、どのディズニーホテルに宿泊するかを選ぶことができます(選択できるホテルはプランによって異なります)。

今回は一度も宿泊したことのなかったディズニーランドホテルに宿泊することにしました。

どの部屋に泊まってみたいかを娘に聞いてみたところ、ティンカーベルルームとのこと。

というわけでティンカーベルルームに宿泊してきましたので、ディズニーティンカーベルルームについてレポートします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ディズニーランドホテルは吹き抜けがすごい

早速お部屋に入って・・・といきたいところですが、ディズニーランドホテルの大きな吹き抜けに感動したので、少しだけご紹介を。

お部屋の前の廊下から撮影した写真です。シャンデリアが見下ろせて、とてもキレイでした。

空間の使い方がとても贅沢ですね。リゾート気分をより一層高めてくれました。

それではいよいよお部屋に入ります。

入り口を入るとドレッサーが

ティンカーベルルームの入口を入るとすぐ左手にドレッサーがありました。

(ドレッサーの椅子)

非日常感を醸し出すドレッサーのクオリティの高さに、この時点でテンションがあがります。

ドレッサーの隣にクローゼット

ハンガーもたくさん用意されています。夢の世界を演出しつつ、実用性も外さないところが本当に素晴らしいです。

クローゼットにはミッキーの紙袋や室内用のスリッパがありました。

(子ども用のスリッパ)

これらのグッズは持ち帰りOKなので、ありがたく記念に持って帰りました。

クローゼットの隣はドリンクカウンター

ドリンクカウンターには、お部屋の世界観にピッタリのおしゃれなカップが置いてありました。下段には冷蔵庫があります。冷蔵庫の中にはソフトドリンク等が用意されていますが、ミネラルウォーターだけは無料になっています。ありがたく飲ませていただきました。

ドリンクカウンターの上には絵が飾ってあります。

メインのベッドルームに入る前に、ティンカーベルを拝むことができます。

ドレッサーの反対側に洗面所・トイレ・お風呂

洗面所

ドレッサーの反対側に洗面所があります。

洗面所には子ども用の踏み台が用意されています。子ども用の踏み台まで用意されているホテルは、ディズニーリゾート以外では見たことがありません。子どもへの対応が本当に素晴らしいですね。

洗面所にはディズニーのアメニティが用意されています。このアメニティを見ただけで、妻と娘のテンションは最高潮に。客の喜ぶポイントがよくわかっていますね。

ちなみにこのアメニティも全部持って帰ることができます。娘はこの写真のミッキーのコップを自宅用の歯磨きコップにしているみたいです。

真ん中の缶の中身はこんな感じでした。シャワーキャップ・ヘアバンド・コットン・綿棒です。

トイレ

洗面所の右手の扉をあけると、トイレがありました。もちろんウォシュレット付です。

トイレットペーパーはダブルでした。個人的には高ポイントです。

お風呂

トイレと反対側(洗面所の左手)の扉を開けるとお風呂があります。

トイレとお風呂がきちんと分かれていて、さらに洗い場と浴槽が分かれているところが素晴らしいです。世の中の多くのホテルはトイレとお風呂が一緒になっていることが多いですが、日本の一般的な住宅はトイレとお風呂が別々になっていて、洗い場と浴槽も別々になっているので、普段と同じ感覚でトイレやお風呂を利用することができます。

非日常でありながら、日常の実用性を重視してくれているところが嬉しいです。

浴室用の椅子や桶も用意されています。

ボディースポンジまであります。

体を洗うための石鹸は、ボディーソープと固形石鹸のどちらも用意されています。好みに合わせて好きな方を使えます。

シャワーは2種類あります。1つは一般的な家庭にあるものと同じですが、もう1つは、

天井シャワー(オーバーヘッドシャワー)です。初めて使いましたが、これいいですね。

狭くて天井の低い我が家では無理ですが、自宅にあったらいいなぁと思いました。

いよいよメインルームへ

レギュラーベッド

メインルームにはまずレギュラーベッドが2つあります。クッションのデザインが世界観を引き立てます。子どもも大喜びでした。

ちなみにベッドの上には、

子ども用のパジャマと歯ブラシが用意されていました。

パジャマはチェックインのときにサイズを確認されていたものです(サイズが合わなければ交換も可能)。

大人用のパジャマはテレビの下の引き出しに用意されているので、子ども用のパジャマだけ特別感があります。

トランドルベッド

レギュラーベッドの下にはトランドルベッドがあります。この高さなら子どもがベッドから落ちてもそれほど心配しなくてよいかも。

アルコーヴベッド

レギュラーベッドの反対側にはアルコーヴベッドがあります。これが娘(4歳女児)の心にヒットしたようです。いつもだったら一人では寝られないのですが、アルコーヴベッドを見た途端に、今日は一人でここに寝る宣言。

そして夜には本当にここで一人で眠ってしまいました。しかも朝まで一回も起きずに。

ディズニーの偉大さを改めて実感した夜でした。

お部屋の照明

(天井の照明)

(レギュラーベッドの上の照明)

(部屋の奥のスタンド照明)

さすがはキャラクタールームですね。どの照明も凝った作りになっていて、特別な世界観を演出してくれます。ティンカーベルのことを名前ぐらいしか知らない私でも、いいなと思いました。

テーブルセットの椅子

背もたれが葉っぱです。デザイン重視と思いきや、座り心地もよかったです。

感想

さすがはディズニーオフィシャルホテルのキャラクタールームです。

キャラクターグッズ、室内の装飾、アルコーヴベッドなど、妻と娘が喜ぶポイントがたくさんありました。特にアルコーヴベッドは小さな女の子にはおススメです。

一方、30代男性の目線から見ても、お風呂の洗い場と浴槽が分かれていて実用的で、ミネラルウォーターが無料であったりと満足できるお部屋でした。天井シャワーもよかったです。

ティンカーベルが好きな方はもちろん、私のようにティンカーベルの名前ぐらいしか知らない方でも満足できるお部屋だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る