ティーライフの株主優待カタログ 甘党ブロガーのおススメはお茶羊羹!

ティーライフは、健康茶、健康食品、化粧品等を取り扱う通信販売会社です。

子育て世帯には、ノンカフェインの たんぽぽ茶 が有名でしょうか。

食料品を扱う企業は株主優待を実施することが多いですが、ティーライフにも株主優待があります。

今回は、ティーライフの株主優待の内容と、管理人のおススメについてのお話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

株主優待

対象

ティーライフの株主優待は、毎年7月末に100株以上を保有する株主が対象です。

内容

株主優待の内容は、自社商品の買い物に利用できる優待券です。

以下のように、保有する株式数によって優待券の金額が変わります。

保有株式数 優待券
100株以上500株未満 1,000円券 1枚
500株以上1,000株未満 2,000円券 1枚
1,000株以上 3,000円券 1枚

株主優待ではよくあるパターンですが、100株を保有するのが一番お得です。

優待券が申し込み用のハガキを兼ねていて、これに記入して商品の購入申し込みをする形式になっています。

そして、株主側との金銭のやり取りが生じないように、1つあたり1,000円ピッタリの優待特選商品が準備されています。

優待特選商品は、優待券と一緒に同封されているカタログに掲載されている、A~Hまでの8品です。

もちろん、このカタログに掲載されていない商品の購入を希望することも可能です。

ただし、金銭のやりとりが生じるので、手間をかけたくない場合には、このカタログの商品を申し込む方がお手軽です(後述するように、それでも少し面倒)。

ちなみに、上記のカタログ掲載品以外のものを購入するときは、優待券で不足する分の料金の振込案内が商品と一緒に届くので、後で別に支払う必要があります(コンビニ、郵便局、LINE Pay等)。

過去に一度だけ、優待特選商品以外のものを購入して不足額の支払いをしたことがありますが、正直かなり面倒でした。

有効期限

優待券の有効期限はおよそ1年間です。

忙しい人でも1年あれば、使う時間が取れないなんてことにはならないでしょう。

良心的な設定ですね。

利用手続きは少し面倒

優待券の利用は、優待券の裏面に必要事項を記入して投函するという手順になっています。

Webでの申し込みはできません。

名前や住所を手書きする必要があるので、優待券を利用するための手続きは少し面倒です。

おススメの商品は?

追加の支払いが生じないので、1品1,000円の優待特選商品を選んで申し込むのがいいと思います。

候補が8品ありますが、甘党の私の個人的なおススメは、お茶羊羹です。

羊羹の賞味期限は2か月ほど。

お茶だけど苦くないし、渋みもない。かといって甘すぎるわけでもない。

程よい甘さが口の中に残る感じで、食べ始まると止まらなくなります。

届いた現物は、こんな感じです。

下から押すと、

羊羹が出てきます。上についてるフタをとれば、そのまま1口か2口で食べられます。

余談ですが、このお茶羊羹は、申し込みをしてから届くまでがものすごく早かったです。

金曜日の午前中にハガキを投函して、なんと2日後の日曜日に自宅に届きました。

配達はゆうパック。きちんと納品されて安心です。きちんと宅配されるか心配な業者もありますからね。

ちなみに、お茶羊羹が気に入ったから優待なんか関係なしに買いたいという場合には、楽天市場で購入することも可能です。

おわりに

ティーライフの株主優待をゲットする甘党の方は、ぜひお茶羊羹をお試しあれ。

※株式投資は損失が発生する可能性がありますので、株式の購入は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る