れすとらん北齋で子連れランチ ディズニーランドでうどんが食べられる和食のお店

このブログでは子連れ外食ネタを記事にしていますが、実際に書いてみてわかったことは、ディズニーの外食記事は見てくださる方が多いということ。なので今回もディズニー外食ネタを。

ディズニーといえばアメリカのブランドですから、リゾート内のレストランも洋食が多いですよね。

でも、親子三世代で食事をするときや、子供がうどんやおにぎりを食べたがるときには、和食・日本料理のお店があるといいなというのが正直なところ。

ディズニーランドでそんな要望に応えてくれるのが、れすとらん北齋というお店です。

ということで今回は、れすとらん北斎を子連れランチで利用した体験談をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

れすとらん北齋について

れすとらん北齋は、東京ディズニーランドのワールドバザールにあります。ディズニーランドに入場してすぐのところにある、お店がたくさんある十字路のエリアですね。

外観だけ見たら和食のお店だとは思わないですよね。でも、店内に入れば、「和」という雰囲気が漂います。浮世絵の絵があったり、店内BGMも琴や三味線だったり。

東京ディズニーシーのレストラン櫻のような設定(ニューヨークの和食屋)は特にないようです。

公式HPを見る限り、「古き良きアメリカで愛される日本の味を提供し、多くの人に愛されているお店」というのが、れすとらん北齋の位置づけでしょうか。

入口を入るとエレベーターまたは階段で2階に上がって、名前を呼ばれるまで待合所で待つというシステムになっています。

この待合所というのが、

こんな感じで結構立派です。

店内のテーブルなんかも

こんな感じで広々としています。そして、お店自体も結構広いです。

なので、立派なスポンサーがついているのだろうと思いきや、スポンサー企業はないみたいです。なんだか意外。

れすとらん北齋は、キャストの方がテーブルに注文を聞きに来てくれて、料理を提供してくれるタイプのお店です。

なので、テーブルに案内された後はゆっくりとくつろぐことができます。子連れやご年配の方と一緒のときにはいいですね。

子供向けのサービス

今回は未就学の幼児を連れてランチをいただいたわけですが、子供向けのサービスはどうだったのでしょうか?順番にご紹介します。

子供椅子

ディズニーランドの中ですから、当然、子供椅子は用意されています。ベルトもついていました。店内の内装の色ともマッチしていていい感じです。

子供用の食器・コップ

れすとらん北齋には子供用のお子様メニューがあります。なので、取り分け用のお皿は用意されていませんでした。

スプーン・フォークは、あとで子供用メニューのところを見てもらえばわかりますが、子供用の小さなサイズのものがあります。

コップは、最初に提供されるお水も、お子様メニューについているアップルジュースも、普通のグラスです。

ストローは曲がるストローです。あと、この写真で思い出しましたが、子供用のお箸もありました。

子供用のエプロンは、食べログや、他の利用体験談ブログ等によると用意があるみたいですが、我が家の娘にはもらえませんでした。なので、たぶん、3歳くらいまでの子供に用意しているのではないでしょうか。

ランチョンマット

ランチョンマットはこんな感じです。お子様メニューを注文したあとに持ってきてくれました。

シンプルで、ディズニーレストランの王道のランチョンマットという印象です。

トイレやおむつ替えについて

れすとらん北齋のトイレは、2階に上がってすぐのところにある、レジの横にあります。

男性トイレを確認したところ、ベビーキープや、子供用の低い洗面台はありましたが、おむつの交換台はありませんでした。

でも多目的トイレがあったので、おそらくここでおむつ交換ができるのでは?(使用中だったので、多目的トイレ内の確認はできていません)。

一方、妻によると、女性トイレ内にはおむつ交換台があったそうです。

まぁ、よほど緊急の場合は別として、このレストランはワールドバザールにあるわけですから、おむつの交換は、食事の後にベビーセンターを利用するのが一番いいかもしれません。

ベビーカーの扱いは?

最後に、ベビーカーについてです。ベビーカーは、2階の待合所の横に置いておくスペースがあるようで、たくさんのベビーカーが置いてありました。

2階に上がるときにもエレベーターが利用できるので、ベビーカーがあると大変ということはなさそうです。

テーブルに横付けしている人もいたので、ベビーカーについて気にすることはなさそうです。

メニューについて

子供のメニュー

12歳以下の子供におすすめの、お子様重というお子様メニューがあります。

実際の写真がこちら。写真には映っていませんが、アップルジュースもついています。

具体的なメニューは、

おにぎり、ハンバーグ、ソーセージ、インゲン、人参、ポテトサラダ、ミニトマト、ブロッコリー、ヤングコーン、うどん、マスカットゼリー または プリン、アップルジュース

出典:れすとらん北齋 店舗別レストランメニュー

となっています。

おにぎりうどんがあって、きちんとした和食のメニュー構成といえます。うどんが好きという小さな子供は多いと思うので、ありがたいメニューです。

マスカットゼリーがミッキーの形になっているのも、子供には嬉しいみたいです。

ちなみに、5大アレルゲン(小麦、そば、卵、乳、落花生)不使用の低アレルゲンメニューもあります。低アレルゲンメニューでは、うどんがスープヌードルになります。

大人のメニュー

豚肉のしゃぶしゃぶと夏野菜の冷製うどん膳(たぶん、夏限定メニュー)です。うどんをがっつり食べられました。

冷しゃぶをうどんに乗せるとこんな感じでした。

さっぱりしててお腹に優しい感じでよかったです。

この他、天ぷらやロースカツ、松花堂なんかがありました。天ぷら膳にもうどんがついてます。

そういえば、ソフトドリンクは、一度注文すれば飲み放題でした。これは地味にすごいと思います。

予約・料金

れすとらん北齋は、プライオリティ・シーティング(事前受付)の対象レストランです。

プライオリティ・シーティングには当日枠というものもあり、オンラインだと9時から、店頭だと10時から受付を行うことになっています。

以前、休日の夕方16時頃に店頭に行って、その日の19時くらいに入店できないかと尋ねたところ、その日はもう予約でいっぱいだとあっさり断られました。当日枠もきっとすぐに埋まっちゃうのでしょうね。

ちなみに、その場で並んで入店を待つということもダメでした。ということは、プライオリティ・シーティングで受付をしている人以外は利用できないということですね。

プライオリティ・シーティングは利用日の1ヵ月前の10:00~申し込みが可能なので、れすとらん北齋の利用を決めたら、すぐに申し込みをしましょう。

管理人は、1か月前の10時に申し込みをすることが仕事の制約上難しいので、JCB THE CLASS(ザ・クラス)コンシェルジュデスクに依頼して申し込みを行いました。

【追記】2018年からはザ・クラス・コンシェルジュデスクでの対応ができなくなったようです。
JCB THE CLASS(ザ・クラス)コンシェルジュデスク 普通のサラリーマンでもこんな使い方ができました
JCBの最上位カードである『JCB THE CLASS』(ザ・クラス)を所有していると、ザ・クラス・コンシェルジュデスクを利用することができ...

それでも、年に1度ラウンジを利用できるなど、ディズニー好きなら持っていて損はないクレジットカードです。ディズニーとクレジットカードの両方に興味がある方は、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

JCB THE CLASS(ザ・クラス) 30代の普通のサラリーマンでも取得できたという体験談
日本で唯一の国際カードブランドであるJCBの最上位カードが、『JCB THE CLASS』(ザ・クラス)です。 コンシェルジュデスクや、デ...

さて、今回の利用料金は、家族3人(大人2名と未就学児1名)で5千円を少し超えるくらいでした。

お支払いはもちろんJCBカードです(レジにはディズニーのスポンサーのJCBのロゴしか掲示されていませんが、VISA等も利用は可能です)。

感想

ディズニーリゾートの食事は洋食が多いので、和食が食べられる場所は貴重です。ディズニーランドに行くときは、必ずラインナップに加えておきたいレストランだと個人的には思います。

子連れファミリーもたくさんいるし、お子様重には子供の好きなうどんもついています。

ブッフェと違って時間制限もありませんし、家族でゆっくりと食事をすることができるので、子連れでの食事におすすめです。

(東京ディズニーシーの和食レストラン、レストラン櫻についてはこちら)

ディズニーシーのレストラン櫻 子連れディナーの感想~おすすめだよ~
ディズニーリゾートで和食が食べられるお店といえば、ディズニーランドの「れすとらん北斎」が有名ですが、ディズニーシーにも「レストラン櫻」(れす...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る