キラキラプリキュアアラモード ドリームステージのブログ的感想

キラキラプリキュアアラモード ドリームステージは、劇団飛行船という劇団がやっているショーで、歌っておどれて親子で楽しめます。「しまじろう コンサート」のプリキュア版みたいな構成です。

今年初めてプリキュアを見始めた我が家は今回が初参戦。ドリームステージというものの存在を妻が見つけてきてくれて、娘が絶対に行きたいと言ったので、今回参加してみました。

というわけで、30代の父親による、キラキラプリキュアアラモード ドリームステージのブログ的感想をお届けします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

開演まで

今回我が家が参加したのは、文京シビックホールです。駅直結なので便利でした。

13:30開場、14:00開演だったので、13:25頃に会場に着いたところ、ちょうど入場が始まっていたようでした。

入場しようとしたところ、入場する人々とは別の行列があることに気づきました。列の先を見ると、キャラクターの看板があって、記念撮影をしている模様。

我が家も並ばねばと思い並び始めたところ、スタッフの方から「会場内でもキャラクターと撮影できます」との案内が。

それなら中で撮影すればいいかということになり、さっそく入場しました。これが今回唯一の失敗&後悔ポイントになるとも知らずに・・・

入場者限定グッズ

入場するときにチケットと引き換えに入場者限定グッズをもらいました。

ドリームケーキポップのアニマルスイーツです。プリキュア全員のモチーフが一緒になっていて特別感があります。

自宅に帰ってから早速、妻が作った収納ケースにしまってみました。

アニマルスイーツの収納を100均でハンドメイドしてみた
アニマル×スイーツという可愛いの極みともいえるアニマルスイーツ。キラキラ☆プリキュアアラモードに登場するこのオリジナルスイーツに、子ども以上...

ロビーには”おてがみぽすと”も

限定グッズをもらった後、周囲を見渡すと、”おてがみぽすと”がありました。ただ、紙やペンの用意はされていなかったので、おてがみを出したい場合は持参する必要があるようです。

我が家の娘はまだロクに字を書くことができないので特に問題なかったですが、もし来年も参加するような機会があれば、紙とペンを忘れないようにしようと思いました。

物販でハイタッチ券をゲット

こういったイベントでは物販が盛況です。

ここでキラキラ☆ホイップライト(1,500円)を購入すれば、ステージの後にプリキュアとハイタッチできる券がもらえるとのこと。

折角だからプリキュアとハイタッチさせてあげようと思いましたが、キラキラ☆ホイップライトという言葉に何だか聞き覚えが・・・

そうです。8月に池袋で開催されていた「キラキラ☆プリキュア アラモード 夢みるみんなのパティスリー」でも握手会対象商品になっていたものです。

我が家は池袋で、1つ購入すればOKだった握手会対象商品を、記念にと思って2つ購入していました。そのうちの1つがキラキラ☆ホイップライトです。

キラキラ☆プリキュア アラモード@池袋サンシャインは大混雑 失敗と教訓を紹介します
2017年8月4日(金)~8月27日(日)の期間に池袋サンシャインシティで行われる、「キラキラ☆プリキュア アラモード 夢みるみんなのパティ...

というわけで、キラキラ☆ホイップライトはすでに1つ持っているわけです。でも、ここで購入しないとプリキュアとのハイタッチができない・・・

娘に関することになると財布の紐がとても緩くなる私は、悩んだ末にお買い上げ。

無事にハイタッチ券をゲットできました。

おかげで我が家の所有するキラキラ☆ホイップライトは2つになりました・・・

池袋のイベントに行く前に今回のドリームステージのことをきちんとリサーチしていれば、池袋では購入しないで済んだはずなので、我ながら情報リサーチが甘いことを痛感しました。

来年もプリキュアのイベントに行くことがあったら、同じ失敗は繰り返さないようにしようと心に誓いました。

結果的に2つめのキラキラ☆ホイップライトを購入することになりましたが、池袋で購入したものを持参していたわけではなかったので、その点だけがせめてもの心の救いです。

というのも、今回のステージショーでは、キラキラ☆ホイップライトを持っていたおかげで一層楽しめただろうなと思ったからです。

パンフレットも買ってみた

物販では、キラキラ☆ホイップライトの他にも色々なものが売られていました。

演劇鑑賞が趣味の妻が、こういうイベントではパンフレットを絶対に買うべきだと言うので、パンフレットも購入してみました。

一度きりの記念という意味では、パンフレットはいい思い出になりますね。

ロビー内での記念撮影

ハイタッチ券の確保やパンフレットの購入を無事に終え、先ほどスタッフの方が会場内にもあると言っていた、キャラクターとの記念撮影スポットに向かいました。

そして、撮影スポットを見つけた瞬間、夫婦そろって同じ言葉を発しました。

「外とキャラクターが違うやん・・・」

会場内の撮影スポットは、キュアホイップとキュアパルフェの単体の看板でしたが、会場の外には確かキャラクター全員が一緒になった看板が置いてありました。

確かにスタッフの方は、「会場内でもキャラクターと撮影できる」と言っていただけで、同じキャラクターとは言ってなかったですね。

とはいえ、何だか騙された気持ちです。仕方がないのでまずはここで記念撮影をして、ショーが終わった後に会場の外でももう一度並んで記念撮影をしようということになりました。

席について開演を待つ

ロビー内でできることは全て終えたので、ホールに移動して開演を待つことにしました。

開演時には9割程の座席が埋まっていたようですが、満席ではなかったみたいです。池袋の混雑ぶりから、当然満席だと思っていたので、少し意外でした。

開演時には、進行役のお姉さんやペコリンから注意事項の説明がありました(飲食禁止、スマートフォンの電源OFFなど)。

ステージショーの感想

ステージショーは以下のような構成になっていました。

第一部(約40分)⇒休憩(約15分)⇒ダンスレクチャー(約10分)⇒第二部(約30分)

ドリームステージはお金を払って見るものなので、内容の詳細については記載しませんが、30代のおじさんは次のようなことを感じました。

第一部

キャラクターたちのダンスがキレッキレですごかったです。プリキュアアラモードのダンスは動きが早くて難しいと個人的には思っていますが、完ぺきにこなしていました。さすがプロです。

また、実際のキャラクターとアニメーション映像との調和が完璧で、必殺技のところもライトやスモークの舞台効果をうまく使っていて、見ていて楽しかったです。

休憩

小さい子ども向けのステージショーなので、途中にきちんと休憩時間が設けられているのは非常に好感が持てます。

会場内の7~8割くらいのお客さんがホールから一度外に出て行ったみたいです。

休憩が終わるときもいきなり次が始まるのではなく、進行のお姉さんからの声かけがあったので、細かい点ですが、こういった姿勢も素晴らしいと思いました。

ダンスレクチャー

このダンスレクチャーのときだけは、写真撮影がOKとのことでした。

親御さんは座席に座って撮影してくださいとのアナウンスがありましたが、結構な数の方が立ち上がってステージの前まで行って撮影していました。

私はそこまでする気力がなかったので(アナウンスに従えば、しないことがいいことですが)座席から撮影してみましたが、スポットライトが強くて、スマホのカメラでは綺麗に撮影することができませんでした。

ちなみにこのダンスレクチャーですが、子どもたちはみんなノリノリで楽しそうに踊っていました。こういうのを見ると、子どもって純粋だなぁと感動します。

第二部

ダンスレクチャーが終わると、そのまま第二部が始まりました。

会場の子どもたちがプリキュアを応援するときの声が凄まじく、キャラクターのセリフがほとんど聞き取れない(笑)

女児でもこんなに大声で叫ぶことができるのかと感心しました。

そのほか、プロが扱うパルフェレインボーリボンの美しさに感動。

第二部ではスペシャルゲストも登場し、歌もダンスもたくさんあって、とても楽しめました。

ショーの後にはハイタッチ

ステージショーが終わると、最後にハイタッチをして終わりです。

ホール内でハイタッチをするものだとばかり思っていましたが、ホールから出たところでハイタッチをすることになっていました。

ハイタッチは、座席のブロックごとにスタッフが順番に案内・誘導してくれて、早い者勝ちで順番が決まるわけではなかったので、非常に良かったです。

ちなみにハイタッチ券は、スタッフに誘導されて順番に並んだ時に回収されました。

ハイタッチは写真撮影がOKでした。

ハイタッチは一瞬で終わるから連写機能での撮影がおススメとのアナウンスがありましたが、本当に一瞬で終わりました。

一瞬とはいえ、各プリキュアとタッチできて娘は嬉しそうでした。悩んだ末にキラキラ☆ホイップライトを購入して良かったです。

最後にショックなことが・・・

ここまで存分に楽しんできましたが、最後にやり残していたことがあります。

会場の外にあるキャラクター看板での記念撮影です。混雑しては大変だと思い、撮影スポットに急ごうとロビーを歩いていると、こんなものを見つけました。

右側のキュアパルフェとキュアホイップはロビー内での記念撮影スポットに置かれていたものと思われます。

ということは、左側の既に片付けられたと思われる看板は、もしかして会場の外にあったものではないかと思って会場の外に出てみると、やっぱり既に何も置かれていませんでした。

最後に記念撮影してから帰ろうと思っていたので、残念でした。

というわけでだいぶ引っ張りましたが、会場に入る前に記念撮影をしなかったということが、今回唯一の失敗&後悔ポイントです。

おわりに

記念撮影が少し心残りですが、ドリームステージ自体はすごく楽しかったです!

娘と一緒にプリキュアをきちんと見ているからということもあると思いますが、30代のおじさんも素直に楽しかったと思いました。

娘に感想を聞いたところ、もう一回見たかったと泣き出してしまうくらい楽しかったみたいです。

ネットで調べたところ、こういったステージは毎年開催されているみたいなので、来年も娘がプリキュアを好きなままでいてくれるかどうかわかりませんが、来年も親子で一緒に楽しみたいなと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る