ホテルオークラ東京ベイ 和食の朝食とエグゼクティブスィートルームの感想

JCB THE CLASSというクレジットカードを所有していると、JCBプレミアムステイプランというものを利用できます。

そのJCBプレミアムステイプランを利用して、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルのホテルオークラ東京ベイに宿泊してきました。

(JCBプレミアムステイプランについてはこちら)

JCBプレミアムステイプラン スペシャルプライスプランの予約をしてみた感想
JCB THE CLASS(ザ・クラス)を含むJCBの上級カードには、JCBプレミアムステイプランというサービスがあります。 JCB TH...

JCBプレミアムステイプランで予約したのはデラックスルームでしたが、結局宿泊したのはエグゼクティブスィートルーム

スィートと名の付く部屋に泊まっちゃったよ・・・ということで今回は、ホテルオークラ東京ベイのエグゼクティブスィートルームに宿泊した感想です。あと、和食の朝食もとてもよかったので、和朝食についてもご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

エグゼクティブスィートに宿泊した経緯

そもそもなんでエグゼクティブスィートに宿泊することになったのか?

結論としては、管理人の心が弱かったからというのがその理由です。どういうことか?

ディズニーリゾートのあるJR舞浜駅には、東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターというものがあって、ここでホテルオークラ東京ベイのチェックイン手続きを行うことが可能です。

なので当日も東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターにチェックイン手続きをしに行ったわけです。

そして、そこでのやりとりで、

受付のお姉さん:「本日は税別12,000円でエグゼクティブスィートルームにアップグレードできますが、いかがなさいますか??」

(私の妄想の中の受付のお姉さん:「JCB THE CLASS持ってるならそれくらい余裕だよね??」)

私:「・・・はい・・・ぜひお願いします・・・」

という感じで、アップグレード提案を飲んでしまいました・・・

JCB THE CLASSは、クレジットカードに詳しくない方から見ればただのペガサスマークのJCBカード。

受付のお姉さんが私の妄想のようなことを考えていたわけはないと思うのですが、完全に自滅しました。

「このカードを持っているなら、これぐらいの余裕は見せなければ」と勝手に思ったわけですね。このあたりが、年収にそぐわないカードを頑張って維持している人間の辛いところです。

といいつつ、プラス10万円とか言われたら多分速攻で断っていたと思います。なんて自分勝手な男なんでしょう!

というわけで結局、エグゼクティブスィートルームに宿泊することになりました。ちなみに、ホテルオークラ東京ベイのエグゼクティブスィートルームは、JCBプレミアムステイプランのホテル編「スイートルームプラン」で宿泊することが可能です。

今回のようにアップグレードで宿泊するのと、最初から「スイートルームプラン」を利用して宿泊するのと、どちらが安いのかはきっと永遠の謎のままでしょう・・・

そして案の定、妻に怒られました。はい、すいません。

エグゼクティブスィートルーム

とにかく広い

もともと宿泊予定だったデラックスルームは44㎡。それでもホテルの部屋にしては十分広いです。

一方、エグゼクティブスィートルームは71㎡。こんな広い部屋に宿泊したのは初めてでした。

ベッドの他にソファも置いてあって、

テレビが2台あったり、

トイレが2台あったり、

バスタブとシャワーブースが分かれていたり、洗面台も2箇所あったり、

子供のための踏み台も2つあったりして、3人で宿泊するには、広いを通り越して広すぎ!?

ベッドも大きくて(起きてから撮影した写真なので、整ってなくてごめんなさい)、親子三人で仲良く川の字になって眠れました。

子供向けのアイテムは?

子供用の歯ブラシとコップはこんな感じ。シンプルでいいですね。

小さなスリッパも用意されていました。スリッパを持ち帰れるディズニーホテルのものとは違って、しっかりとした作りです。

パジャマはこれ!? あんまりパジャマっぽくないですね・・・

感想

エグゼクティブスィートルームの感想は、とにかく広くて豪華だったということに尽きます。

夜遅くまでディズニーランドで遊んで、寝るためだけに宿泊したので、正直もったいない感じがしました。これだけいい部屋に宿泊するなら、もっとホテル滞在を楽しんだ方がいいですね。

閉園ギリギリまで絶対にディズニーランドにいるという方には、正直おすすめできません。通常のお部屋との料金差額でディズニーランドでお土産買った方がいいですもの。

お部屋が悪いというわけではないんですよ。お部屋自体はとてもすばらしいです。

なので、ディズニーランドはほどほどに、ホテルのお部屋でゆっくりくつろぎたいという方には是非おすすめしたいです。

ホテルオークラ東京ベイの和朝食

ホテルオークラ東京ベイといえば、朝食のおいしいホテルとして有名です。

朝食会場は、

  • 洋食ブッフェ:レストランフォンタナ
  • 和定食:和食レストラン羽衣

の2つがあって、食べたいものによって好きな会場を選択できるようになっていました。

当日は日曜日でしたが、最初に向かったレストランフォンタナは入店待ちが何組もいて、いつ入店できるかもわからないような状況。

私は待つのが嫌いな人間なので、和食レストラン羽衣に向かったところ、すんなりと入店完了。

その日だけ空いていたのかもしれませんが、レストラン羽衣の店内には、私たちの他には3組ほどしかおらず、ゆったりとした雰囲気でくつろげて最高でした。

和食レストラン羽衣の朝食

和食レストラン羽衣の朝食は、和定食鉄板焼定食のうち、食べたい定食をチョイスします。子供用にはお子様朝定食があります。定食なので、食べ放題ではありません。

実際の料理はこんな感じでした。

鉄板焼定食。朝から鉄板焼きはヘビーな気もしますが、妻がチョイス。お肉がおいしいとご満悦でした。ステーキの代わりにサーモンムニエルを選択することも可能です。

続いて私のチョイスの和定食(写真がイマイチでごめんなさい・・・)。朝は焼き魚が一番という方にはうれしい内容です。煮物やだし巻き卵もグッドでした。

お子様朝定食にはお肉と焼き魚が両方ついています。正直一番お得な気が。サラダもついていますしね。

未就学女児にはやや量が多かったようで、最後は私も食べました。肉団子がおいしかったよ!

ちなみに、もっときれいな写真と各定食の具体的なメニューについては、公式HPに掲載されています。

料金は、鉄板焼定食と和定食が3,200円で、お子様朝定食が1,550円(いずれも消費税・サービス料込)となっています。

が、今回の宿泊はJCBプレミアムステイプランで予約していたので、ホテルからのおもてなしとして朝食優待券をもらっていました。

それを使用することで、鉄板焼定食と和定食が2,100円、お子様朝定食が1,050円(いずれも消費税・サービス料込)に。

支払いは部屋付けにして、チェックアウトのときに宿泊料とまとめて決済することも可能でした。便利ですね。

子供には表彰状が

そういえば、お店をでるときに、娘がこんなものをもらいました。

お皿がきれいになるまで、おいしくぜんぶ食べたことを表彰してもらえるみたいです。お皿がきれいになるまで食べたのは父親なわけですが、これをもらった娘はご機嫌でした。

子供が喜ぶこういったサービスは、親としても嬉しいですね。

感想

個人的にホテルオークラ東京ベイの和定食がかなり気に入りました。普通においしくて、なんか落ち着く感じ。店内が混雑していないのも好印象。

子供向けの定食もきちんと用意されていて、お魚とサラダがついていたことも素晴らしいです。

ホテルオークラ東京ベイに宿泊する機会がまたあったら、是非、和食レストラン羽衣を利用したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る