三越伊勢丹ホールディングス[3099]の株主優待 ~レストランでも使えるよ~

百貨店冬の時代と言われて久しいですが、個人的には百貨店が大好きです。

百貨店は子ども向けのレストランメニューやベビー休憩室などが充実していて、子どもが生まれてからは本当にお世話になっているからです。

多くのの百貨店には株主優待があって、お得にお買い物をすることができます。

私は三越伊勢丹ホールディングスの株主優待を利用してきましたが、本当に株を持っていてよかったと思います。

というわけで今回は、いつもお世話になっている[3099]三越伊勢丹ホールディングスの株主優待についてご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

三越伊勢丹ホールディングスについて

三越伊勢丹ホールディングスは、三越や伊勢丹を傘下に持つ、純粋持ち株会社です。

北海道の丸井今井や福岡の岩田屋も、三越伊勢丹ホールディングス傘下の百貨店です。

百貨店として日本一の売上高を誇る伊勢丹新宿本店だけでなく、三越日本橋本店、三越銀座店まで傘下にあるわけですから、庶民からすれば安泰なようにも思えます。

でも、中国人の爆買いが終わってからは業績悪化に歯止めがかからず、ついに大丸・松坂屋を傘下に持つJ.フロント リテイリングに時価総額でも初めて抜かれてしまいました。

新社長の下、業績の立て直しに取り組んでいくというのが最近の状況ですが、今後の業績見通しは不透明です。

株主優待について

将来的な業績見通しは明るくないかもしれませんが、三越や伊勢丹を利用する機会がある方にとっては、素晴らしい株主優待があります。

優待をもらうには?

三越伊勢丹ホールディングスの株主優待は、以下の株主に対して実施されます。

・毎年3月31日時点の株主名簿に記載された100株以上所有の株主 
・毎年9月30日時点の株主名簿に、4月以降に新たに記載された100株以上所有の新規株主

この条件を満たす株主に対して、『株主優待カード』が送られてきます。

株主優待の期限・使い方

『株主優待カード』は、カードが到着してから翌年の7月31日まで使用可能です。

株を保有し続けていれば、有効期限が来る前に次の『株主優待カード』が送られてきます。

使い方は、買い物をするときにカードを提示するだけです。

店員さんに「お会計は〇〇〇円です」と言われたら、『株主優待カード』をさっと差し出せば、以下に記載の優待が受けられます。

株主優待のメリット1:利用限度額のある優待

利用限度額の範囲内で、グループ百貨店での税抜100円以上の買い物が10%割引になります。

これが三越伊勢丹ホールディングスの株主優待の一番のメリットです。

利用限度額

利用限度額は、所有株数によって変わります。

〇3月31日時点の対象株主
所有株数 利用限度額 優待限度額
100株以上300株未満 30万円 利用限度額の10%
300株以上500株未満 40万円
500株以上1,000株未満 50万円
1,000株以上3,000株未満 100万円
3,000株以上5,000株未満 150万円
5,000株以上10,000株未満 200万円
10,000株以上 300万円

※権利確定日に300株以上を所有の株主で、2年以上の継続所有株主は、利用限度額が2倍

〇9月30日時点の新規対象株主
所有株数 利用限度額 優待限度額
100株以上300株未満 15万円 利用限度額の10%
300株以上500株未満 20万円
500株以上1,000株未満 25万円
1,000株以上3,000株未満 50万円
3,000株以上5,000株未満 75万円
5,000株以上10,000株未満 100万円
10,000株以上 150万円

表が少しわかりにくいかもしれませんが、3月31日時点の対象株主で200株を所有している場合には、有効期限まで、累計30万円分の買い物までは10%割引をしますということです。

対象店舗

三越、伊勢丹、岩田屋、丸井今井の各店舗、ジェイアール京都伊勢丹、ルクア大阪内イセタン各ショップ、エムアイプラザ各店、イセタンアウトレットストア各店、イセタンサローネ、イセタンサローネメンズ、イセタンハウス とのことです。

三越・伊勢丹オンラインストアでも利用可能です。

支払い方法は制限あり

『株主優待カード』を利用する場合は、以下の支払い方法で支払う必要があります。

現金三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井発行の商品券全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード、エムアイカードポイント券、商品お取替券、エムアイカード社発行のクレジットカード(一部の提携カードを除く)

ということなので、三越伊勢丹系のエムアイカード社が発行するクレジットカード以外のクレジットカードで支払いをすることができません

10%も割り引いた上にグループ外のカード会社への手数料まで負担するとなると、三越伊勢丹側の負担が大きすぎるので、仕方ないですね。

私はいつも現金で支払いをしています。

エムアイカード社の発行するクレジットカードに年会費無料のものがあればそちらを利用したいのですが、残念ながら初年度年会費無料のカードしかありません。

また、『株主優待カード』を利用した場合には、Tポイントはつきません。

なお、手間を惜しまないという方は、買い物に行く前に金券ショップで三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井発行の商品券全国百貨店共通商品券を購入してから株主優待を利用するという方法もありです。

金券ショップでは額面よりも若干安い価格で販売されているので、株主優待の割引に加えて、さらに節約をすることができます。

割引適用の除外品目

10%の割引はとても大きいですが、どんな商品に対しても適用されるわけではありません。

主なところで、商品券・百貨店ギフトカード・全国百貨店共通商品券・ギフト券類(ビール券、図書カード他)・書籍・ 音楽ソフト、映像ソフト・ゲーム機本体・楽器・チケット販売旅行代金など、換金性が高い商品や値引きがしづらい商品は適用除外となっています。

また、エルメスシャネル(化粧品を除く)、ルイ・ヴィトン、ブルガリ(フレグランスを除く)、カルティエ、ディオールジュエリー(一品150万円未満)、ティファニーなどの高級ブランドも適用除外となっています。

ただ、高級ブランドが全て除外されているわけではないので、ロレックスグッチなどの適用対象となるブランドが好きな方にとっては、非常に魅力的な優待です。

この除外品目というものはどこの百貨店の株主優待でも同じように設定されていますが、高島屋やJ.フロント リテイリング(大丸・松坂屋)の株主優待と違って、三越伊勢丹ではレストランでの飲食が除外されていません

この点が、三越伊勢丹の株主優待の大きな強みだと思います。

株主優待のメリット2:利用限度額のない優待

利用限度額のない優待にもいろいろなものが用意されています。

特にメリットを感じるもの

以下のサービスには個人的に魅力を感じます。

  • 三越劇場で10%割引
  • 対象の理容室、美容室で10%割引
  • 文化展、美術展等の有料催事(三越、伊勢丹、岩田屋)が無料
  • 三井記念美術館の入館料の値引
  • 対象駐車場で、買物による駐車場無料サービスを1時間延長
  • クイーンズ伊勢丹(スーパーマーケット)で5%割引

スーパーは日常的に利用する場所なので、5%といえどもクイーンズ伊勢丹を利用する方にとっては特に大きなメリットがあります。

支払い方法はさらに制限あり

税抜100円以上の買い物で、以下の支払い方法で利用した場合に優待が適用されます。

現金、三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井発行の商品券、全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード、エムアイカードポイント券等

ただし、クイーンズ伊勢丹では、現金、三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井発行の商品券のみが優待の適用対象です(一方、クイーンズ伊勢丹では株主優待カード利用時にもTポイントが貯まります)。

利用限度額のある優待では利用可能な、エムアイカード社発行のクレジットカードで支払いをすることができないので注意が必要です。

こんなときに株主優待を利用しました

管理人は三越伊勢丹ホールディングスの株主になってから7年ほどたちます。

今までにこんな場面でお世話になりました。

内祝いや贈り物を買うとき

娘の内祝いや、お礼の贈り物をするときに利用しました。

10%の割引があるおかげで、同じ予算で普通に購入するよりもワンランク上のものを購入することができました。

カタログギフトや高級和菓子等、なんでもそろっているのが百貨店のすばらしいところです。

ただし、遠方に送る際の送料は株主優待の対象外なので、要注意です。

子どもの靴を購入するとき

子どもの洋服はいつもユニクロで購入していますが、靴だけは百貨店で購入してきました。

靴の値段はどこで買ってもそれほど変わりませんし、三越や伊勢丹では足のサイズをきちんと測定してくれるからです。

足のサイズ測定は非常に人気があって、休日の子ども靴売り場はすごく混雑しています。

百貨店だからといって高い靴だけが売られているわけではなく(数万円するオーダーシューズのコーナーもありますが)、アシックスやニューバランスなどの普通のスニーカーも売られています。

メーカーごとの特徴なども店員さんは把握されているので、小さな子どもの靴を購入するときに安心して相談することができます。

我が家では娘のファーストシューズを購入した時からずっと利用させてもらっています。

子連れで外食するとき

三越伊勢丹ホールディングスの株主優待はレストランでの飲食にも利用することができるので、新宿や日本橋などに出かけた際にレストランを利用しています。

百貨店はベビー休憩室や子ども向けのレストランメニュー・サービスも充実しているので、子連れでの外食におススメです。

三越や伊勢丹には、子連れに人気の以下のレストランがあります。

  • 三越日本橋本店 ランドマーク
  • 三越銀座店   みのる食堂
  • 伊勢丹新宿本店 ラッテ チャノママ
  • 伊勢丹新宿本店 イセタンダイニング

(イセタンダイニングについて紹介しているので、よかったら見てください)

新宿伊勢丹 子連れランチ イセタンダイニング(カジュアルレストラン)
今回は新宿エリアでの子連れランチにおススメな、新宿伊勢丹のイセタンダイニングをご紹介します。 イセタンダイニングは、ディナータイムもメニュ...

株主優待がなくても利用したいレストランなので、割引の優待は本当にありがたいです。

まとめ

三越伊勢丹ホールディングスの株主優待は、贈答品や子連れランチ等、色々な場面で活躍してくれます。

ブランド品をそれほど頻繁に買わない買えない我が家のような家庭でも大きなメリットを感じています。

この記事を書いている2017年6月10日だと、100株購入するのにおよそ12万円必要ですが、百貨店をよく利用するという方には、魅力のある株主優待です。

※株式投資は損失が発生する可能性がありますので、株式の購入は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る