神田明神の初詣は何時に行くのがいい?混雑を避けて早朝に行ってみた体験談

江戸総鎮守と言われる神田明神

正式名称は神田神社といい、1,300年もの歴史があり、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様だそうです。

地方出身の私でも、こち亀を読んでいたことからその名前は昔から知っていました。また、ラブライブというアニメの聖地にもなっているとか・・・。

立地的にも東京の都心部にあり、初詣には非常に多くの方が参拝に訪れます

人が多すぎると参拝するのも疲れますよね?

では、混雑を避けようと思ったら、何時に行くのがいいのでしょうか?(正解は最後にあるよ)

人混みが嫌ならやっぱり早めの行動がセオリーだろうというわけで、早朝に初詣に行ってみました

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

三が日昼間の混雑状況

体験談の前に、三が日の昼間だとどれくらい混雑するのかを見てみましょう。

私が初詣に行った数時間後のツイートです。やっぱり昼間は凄い混雑ですね。

私も昔、三が日の昼頃に思い立って初詣に行って、現地の行列を目撃して、そのまま帰宅したこともあります。

で、この写真は、そのあと三が日を避けて初詣をした時の写真です。

三が日じゃなくても昼間はすごい人ですね。

1月2日早朝に初詣

ここから今回の体験談です。

我が家は待つのが嫌いなので、早朝ならきっと人が少ないだろうということで、早起きして初詣に行ってみました。

具体的な時間は、1月2日の午前6時頃です。

御茶ノ水駅から神田明神まで

神田明神の最寄りJR駅である、御茶ノ水駅・聖橋口です。誰もいません。

まだ外は真っ暗。改札を出て左に進むと案内看板があります。

この看板のある横断歩道を渡って左折。

聖橋をまっすぐ進むと前方に1人だけ人がいました。さらにまっすぐ進むと、

正面にセブンイレブンが見えてきます。

セブンイレブンだけは暗くても目立ちますね。このセブンイレブンのところを右折すると神田明神です。

神田明神に着くまでにすれ違った人は4,5人くらいでした。

これなら混雑はしていないはずと期待が膨らみます。

入り口から参拝まで

現地についてもほとんど人はいません。これならすんなり参拝できそうです。

なんせ出店もまだやっていません。

手を洗う手水舎にも誰もいません。ここで手を洗って、

門をくぐります。

なんと、ホントにほぼ誰もいません!

賽銭箱の前にも2,3人しかおらず、あっさりとお参り終了。

門をくぐってから5分もかかっていないかも。

というわけで、混雑が嫌なら早朝の初詣が正解でした。

早朝のデメリットも

人混みもなく無事に初詣ができたわけですが、現地で気付いたデメリットもあります。

それは、お守りやお札が買えないこと・・・

早朝だと販売する人もいませんからね。

おみくじも引けませんでした。

行く前に考えろよって感じですが、「人混みが嫌」で頭がいっぱいで、現地に行くまで気づきませんでした。

以前おいしくいただいた、甘酒も今回はなし。

出店の食事を楽しみにしている人には早朝は厳しいかもしれませんね。

ちなみに、古札を納める納め所は、早朝でも利用できました。

(昼間の混雑時は、ここにも普通に行列ができます)

正解は・・・?

というわけで、早朝に初詣をすれば、神田明神といえども混雑を回避できるということがわかりました。

ただし、お札、お守りは買えないし、おみくじも引けません。そして、出店も楽しめません。

おみくじとか引けなくてもいいから、とにかく人が少ない方がいいという方は、我が家のように早朝に初詣に行けばよさそうです。

でも、初詣といえば、おみくじ引いたり、お守り買ったりというところまでがセットだという方は、何時に行くのがいいのでしょうか?

答えはツイッターにありました。

9時前くらいなら、さほど混雑もなく、おみくじも買えるみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る