JR九州の鉄道株主優待券の使い方と実際に使ってみた感想

東京で暮らしている管理人ですが、先日、福岡で暮らす知人に会いに行く機会がありました。

ちょうどJR九州(九州旅客鉄道株式会社)の株主優待券が手元にあったので、いつか乗ってみたいとずっと思っていた九州新幹線に乗ってみることにしました。

ということで今回は、JR九州の鉄道株主優待券を実際に使ってみた感想です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

鉄道株主優待券とは?

JR九州の株主優待は、毎年3月31日時点の株主名簿に、100株以上を所有していると記載された株主がもらうことができます(届くのは5月末頃で、もらえる枚数は所有株式数によって異なります)。

JR九州の株主優待は、鉄道株主優待券JR九州グループ株主優待券の2種類がありますが、このうち、JR九州の運賃・料金が割引になるのが鉄道株主優待券です。

割引内容

鉄道株主優待券1枚につき、1人分の片道の運賃・料金が5割引になります。

「運賃・料金って何なの?」と管理人は最初思ったのですが、運賃は乗車券のことで、料金は特急券、グリーン券及び指定席券のことです。

なお、片道行程の範囲であれば、鉄道株主優待券1枚で複数列車の料金が割引になります。

なので、ざっくり言うと、目的地に着くまでに必要な費用の総額が半額になるということです。半額になるのは結構大きいですね。

利用上の注意事項

メリットの大きい鉄道株主優待券ですが、以下のような点に注意が必要です。

まず、割引になるのはJR九州の営業路線内だけです。例えば、鹿児島中央から新大阪まで乗車する場合は、鹿児島中央⇒博多と博多⇒新大阪を区切って発売し、鹿児島中央⇒博多の区間だけが割引の対象になります。

同様に、山陽新幹線の「博多~小倉」間はJR西日本の営業路線なので、割引の対象外です。

そして、鉄道株主優待券を取り扱ってくれるのは、JR九州の駅または、一部を除くJR九州旅行支店だけです。なので私も、鉄道株主優待券を利用するために、博多駅のみどりの窓口で乗車当日にきっぷを購入しました。東京にあるJR東日本のみどりの窓口とかでも取り扱ってくれていたら便利だったんですけどね。会社が違うので止むを得ないことだとは思いますが・・・

ちなみにJR九州の列車内であっても、鉄道株主優待券は取り扱ってもらえませんので、この点も注意が必要です。

また、鉄道株主優待券は5割引ですが、基準となるのは正規運賃・料金です。団体割引、学生割引、身体障害者割引など、他の割引との重複適用はできません。定期券、回数券、SUGOCA(Suicaの九州版)、SUGOCA定期券、割引きっぷ(九州ネットきっぷ、2枚きっぷ、4枚きっぷなど)の購入にも使用できません。

さらに、鉄道株主優待券は有効期間が設定されているので、その期間内にきっぷを購入する必要があります。有効期間は、毎年6月1日~翌年5月31日です。

ちなみに有効期間内であれば、いつでも使用することが可能です。お盆や年末年始等繁忙期のきっぷも購入できるのは大きなメリットです。

あと、鉄道株主優待券を使って購入したきっぷの払い戻し自体は可能ですが、鉄道株主優待券は戻ってきません。

最後に、「ななつ星 in 九州」と「或る列車」は鉄道株主優待券の対象外です。高級な「ななつ星」なんかに使われたらたまったもんじゃないと思うので、これは仕方ないですね。

どうやって使うのか?実際に使ってみたよ。

「1人分の片道の運賃・料金が5割引というけれど、実際にどうやって使うの?」ってことで、管理人が実際に使ってみた体験談です。

まず、博多駅のみどりの窓口に行きました。今回は博多から九州新幹線の終点である鹿児島中央までの新幹線の自由席券を、鉄道株主優待券を利用して購入することが目的です。

初めてなのでドキドキしながら、

写真の鉄道株主優待券を提示して、「博多から鹿児島中央までの自由席券を1枚ください」と窓口の人に伝えました。

すると、「乗車日と乗車区間を記入してください」と割と冷静に返答されました。

正直、これぐらい口頭で伝えれば、その場で窓口の人が対応してくれるだろうと甘く考えていたのですが、そんなに甘くはなかったみたいです。

株主優待の案内冊子に、乗車日及び乗車区間を記入の上、係員に提示するようにときちんと記載されていたので、完全に私が悪いんですけどね・・・

窓口の人の指示に従い、その場で運賃の行の乗車日と乗車区間を記入しました。書きながら気づいたのですが、運賃の行の下に料金の行もあって、同じような記入欄になっています。

私:「料金の箇所も書かないとダメですかね・・・?」

窓口の人:「はい。書いてください。」

私:「わかりました。すいません・・・」

というわけで運賃と料金の箇所に、全く同じ乗車日と乗車区間をそれぞれ記入しました。

なので、これからJR九州の鉄道株主優待券を利用する方は、案内冊子に記載があるように、窓口の人に提示する前にきちんと乗車日と乗車区間を記入しておきましょう。運賃と料金の箇所の両方にですよ。

乗車日と乗車区間の記入で少し手間取ってしまいましたが、記入した後はスムーズに処理が進み、無事に博多から鹿児島中央への自由席券を受け取ることができました。

ちなみに支払いはクレジットカードでできましたし、本当に半額になりましたよ。博多⇒鹿児島中央の自由席運賃・料金は、定価だと9,930円ですが、鉄道株主優待券のおかげで4,960円で済みました。

きっぷを入手した後は、念願の九州新幹線(みずほ)に乗って、

鹿児島中央駅に向かいました。

鹿児島中央までわずか1時間30分程。あっという間の乗車でした。

鉄道株主優待券使ってみた感想

鉄道株主優待券のおかげで九州新幹線を半額で利用できたので、なかなかお得感のある優待だと思いました。

また、支払い方法の制限や利用時期の除外期間等もないので、九州新幹線を利用する機会のある方にとっては、持っていて損のない優待券です。

ただ、乗車日と乗車区間を手書きする必要があるという点は、個人的にはちょっぴり面倒でした。普通にきっぷを買うときには口頭で区間・座席種別を伝えるわけですから、その金額から単純に半額になるという運用でもいいんじゃないかなと。

まぁ、多少手間でもそれを上回るメリット(半額)があったので良しということで。

JR九州さん、素敵な思い出をありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る