JCB THE CLASS(ザ・クラス)ディズニーラウンジ @ニモ&フレンズシーライダー

『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)を所有していると、1年に1度、東京ディズニーリゾート内に設置されているJCBラウンジを利用(アトラクションへの優先搭乗も可能)することができます(メンバーズセレクションで「東京ディズニーリゾートセレクション」を選択すれば、1年で2度利用可能)。

管理人は、JCBラウンジ利用のために『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)の取得を決意したわけですが、

(取得の経緯はこちら)

JCB THE CLASS(ザ・クラス) 30代の普通のサラリーマンでも取得できたという体験談
日本で唯一の国際カードブランドであるJCBの最上位カードが、『JCB THE CLASS』(ザ・クラス)です。 コンシェルジュデスクや、デ...

今年ついにJCBラウンジを利用することができましたので、ご紹介します。

(JCBラウンジ利用予約体験談はこちら)

JCB THE CLASS(ザ・クラス)ディズニーラウンジ予約体験レポート
JCBには『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)というクレジットカードがあります。JCBの最上位のカードです。 『JCB THE ...

今回は東京ディズニーシーに2017年5月12日にオープンした、「ニモ&フレンズシーライダー」に設置されているJCBラウンジを利用しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ニモ&フレンズシーライダーの混雑状況

今回は平日にディズニーシーに行きました。平日でもたくさんの人がいるんですね。

ファストパスを持っていない人は100分待ちという状況でした。

向かいにあるアクアトピアの方まで列が続いています。

この日は21時30分頃にもこのエリアを通りましたが、その時間でも同じような状況でした。

オープンしたばかりだからこれほど混雑しているのかどうかはわかりませんが、この状況で並ばずにアトラクションが利用できるのはありがたいことです。少し申し訳なくも思いました。

いざスタッフに声かけ

予約したときに指定された通り、予約時間の5分前に、ファストパス用の入口あたりにいたスタッフにJCBラウンジを利用したいことを告げました。

すると、アトラクションの建物の入口までスタッフ用の通路を通って行くようにとのこと。

スタッフ用の通路といっても、多くの人が並んでいる横にある普通の通路です。若干気まずい思いでそこを通り建物の入口あたりまでたどり着くと、別のスタッフに「どうされましたか?」と聞かれました。

改めてJCBラウンジの予約をしていることを告げると、スタッフ通用口へと案内されました。

通用口を進んでいくとインターホンのある扉があり、そこにもう1組別の利用者が待っていました。もう1組の方たちはもっと早く来ていたんですかね。待たせてしまって申し訳なかったです。

さて、アトラクションのスタッフがインターホンを押してラウンジに連絡すると、ラウンジのスタッフが迎えに来てくれました。

ここでアトラクションのスタッフとは一旦お別れです。

ラウンジのスタッフに「JCBラウンジご招待券」を渡し、このときにザ・クラスカードも提示します。

カードを提示して予約者の確認が終わると、奥にあるエレベーターに乗り、上の階へ。

そしてJCBラウンジへ

エレベーターが開くとそこはもうJCBラウンジでした。

正面奥には子どもが遊べるキッズスペース。ここだけは靴を脱いで入ります。

ディズニーの映画が放映されているテレビのほかに、ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、ニモ、ドリー、ダッフィー、シェリーメイ、ステラ・ルーなどのかわいらしいぬいぐるみがたくさんありました。

ディズニーの絵本もあって、娘はすぐに夢中になっていました。滞在できる時間は15分程ですが、放っておくと小さな子どもはずっと遊んでいるかもしれません。

キッズスペースを挟むようにソファ・テーブルが設置されたスペースがあります。テーブルの数から考えると、最大で同時に5組が休憩できるようになっているみたいです。

ソファに座るとすぐにドリンクのオーダーを聞かれます。てっきりドリンクバーでもあるのかと思っていましたが、普通に注文をして持ってきてもらう形式です。

はっきりと覚えてはいませんが、オレンジジュース、アップルジュース、コーヒー(アイス・ホット)、紅茶(アイス・ホット)などがありました。

ドリンクはディズニーらしい素敵な紙コップで提供されます。

ドリンクを飲みながら、途中で娘と一緒の写真をスタッフの方に撮ってもらったりして、楽しいひと時を過ごすことができました。

ちなみにこのJCBラウンジですが、専用トイレもありました。トイレ自体は別のフロアにあって、中に入るとおむつ替え用の台まで設置されています。

トイレはとてもキレイで、おそらく客が入れ替わる都度清掃をしているのだと思います。

ディズニーリゾート内はトイレも混雑しているので、JCBラウンジでゆっくりトイレ休憩ができて、とてもありがたかったです。

さて、快適な時間はあっという間に過ぎてしまうもので、スタッフの方から優先搭乗の時間になったと告げられ、JCBラウンジとはお別れです。最初に乗ってきたエレベーターに乗って、下の階へ戻ります。

事前に説明のあった通り、15分程の滞在時間でした。

ニモ&フレンズシーライダーの優先搭乗

下の階へ降りると、またアトラクションのスタッフが対応してくれました。

アトラクションにお客さんが入って、アトラクションが始まる前に説明を聞くスペースに誰もいなくなるまで、スタッフ用の通路でしばらく待機します。

そして、前の組のお客さんが全員アトラクションに入った段階で、スタッフの誘導に従い、アトラクションが始まる前に説明を聞く場所の列の先頭に並びました。

私たちが列に並んだ時点で、外で並んでいたお客さん達が建物に入ってきて、そこからは普通に並んだ場合と同じです。

「ニモ&フレンズシーライダー」は30代のおじさんには少し揺れが激しかったですが、娘はとても楽しかったみたいで、また乗りたいと言っていました。

最後に

今回初めてディズニーシーのJCBラウンジを利用しましたが、こんな世界があったんだというのが正直な感想です。

ディズニーシーが混雑する中でゆっくりとくつろげる場所を提供してもらい、100分も待たないといけないアトラクションにすぐに乗ることができました。

娘もとても満足したようで、これだけ喜んでくれるなら毎年ディズニーリゾートに連れていきたいと素直に思えました。

これは全て『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)のおかげです。

ディズニーリゾートが好きな我が家にとっては、『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)はもう手放せません。

(JCBラウンジを利用する前に読んでおくといいことがあるかも!?)

JCB THE CLASS(ザ・クラス)ディズニーラウンジ利用時のポイントとトイレの秘密
JCB THE CLASS(ザ・クラス)の会員は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに設置されているJCBラウンジを1年(4月から翌年...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る