JCB THE CLASS(ザ・クラス)ディズニーラウンジ予約体験レポート

JCBには『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)というクレジットカードがあります。JCBの最上位のカードです。

『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)には様々なメリットがありますが、

JCB THE CLASS ザ・クラスのサービス
日本で唯一の国際カードブランドであるJCBには、『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)というクレジットカードがあります。JCBブラン...

特にディズニー関連の特典が充実していることで有名です。

ディズニー関連の特典の1つに、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの中に用意されているJCBラウンジを利用できるという特典があります。

JCBラウンジを利用すると、ラウンジが設置されているアトラクションへ優先搭乗することもできます

東京ディズニーランドでは「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」、東京ディズニーシーでは「ニモ&フレンズ・シーライダー」に優先搭乗できます。

いずれも「ファストパス」の対象アトラクションなので、「ファストパス」を取らなくても優先搭乗ができるのは大きなメリットです。

管理人は、このディズニーリゾート内のJCBラウンジと優先搭乗を利用したくて、『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)の取得を目指しました。

そして、念願叶って『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)を取得できたので、

JCB THE CLASS(ザ・クラス) 30代の普通のサラリーマンでも取得できたという体験談
日本で唯一の国際カードブランドであるJCBの最上位カードが、『JCB THE CLASS』(ザ・クラス)です。 コンシェルジュデスクや、デ...

さっそくJCBラウンジの利用申し込みをしてみました。

というわけで今回は、ディズニーリゾートのJCBラウンジの利用申し込み体験談です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ザ・クラス・コンシェルジュデスクに招待券の郵送を依頼

ディズニーリゾート内のJCBラウンジを利用するには、「JCBラウンジご招待券」が必要です。

「JCBラウンジご招待券」は、ザ・クラス・コンシェルジュデスクに電話をして、希望の宛先(普通は自宅)まで送ってもらう必要があります。

ちなみにこの招待券は、4月から翌年3月の1年間の間に、1回だけ請求することができます

家族カードも含めて1年に1回なので、家族カードを作っても利用回数が増えるわけではありません。

JCBラウンジを利用するためにザ・クラスを取得したわけですから、招待券を送ってもらうため、人生初のザ・クラス・コンシェルジュデスクへの電話をかけてみました。

インターネットで仕入れた事前情報では、ザ・クラス・コンシェルジュデスクはすぐに電話に出てくれるとのことでしたが、このときは少し忙しかったのか、15秒ほど待ちました。

でも、電話に出てくれた女性担当者は、本当に対応が丁寧そのもので、最初に少し待ったことなど全く気になりませんでした。

ザ・クラス・コンシェルジュデスクでは、まず最初にザ・クラスカードの16桁のカード番号と氏名を聞かれ、利用者確認がありました。

JCBラウンジの招待券が欲しいと伝えると、招待券の郵送先を確認され、予約は利用希望日の1か月前からJCBラウンジに直接電話をする必要があることなどを説明してもらいました。

他のカード会社のコンシェルジュを知らないので何とも言えませんが、JCBのコンシェルジュデスクは評価が高いというインターネットで仕入れた情報通りの印象でした。

ドキドキしながら到着を待つこと数日、無事に「JCBラウンジご招待券」が郵送されてきました。

(招待券には、「利用について」・「予約について」・「ラウンジサービス」の記載があります)

JCBラウンジに電話で利用予約

利用希望日の1か月前から予約が可能なので、利用予定日まで1か月を切った最初の有給休暇取得日の午前中に、招待券の裏面に記載されているJCBラウンジの電話番号(フリーダイヤルではない)に電話をかけてみました。

平日だからすぐにつながるだろうと思っていたのですが、これが本当につながらない・・・

何回か電話をしてもずっと話し中でした。

回線が1つしかなくてたまたま誰かと通話をしていたのか、複数の回線が埋まるほど人気があるのかわかりませんが、つながるまでに10回くらいコールしました。

やっとつながった時には正直少しホッとしましたよ・・・

東京ディズニーシーのJCBラウンジの利用予約をしたいということを告げたところ、裏面のJCB使用欄に記載のある「NO.」を聞かれました。

回答すると今度は、表面にある有効期限を求められました。

その後、何人で利用するのか、大人と子どもの内訳、アトラクションの優先搭乗の希望について確認があり、利用希望日の利用可能時間をいくつか提示され、予約をするという流れでした。

予約を確定した後、当日に休憩できる時間は15分程であること、当日は予約時間の5分程前にアトラクションのスタッフに声をかけてラウンジの入口を教えてもらう必要があること、当日は招待券とザ・クラスカードの提示が必要であること等の説明がありました。

ザ・クラスのカード番号も求められるかと思っていましたが、JCBラウンジの予約のときには特に要求されませんでした。

最後に

こんな感じで無事にJCBラウンジの利用予約が完了しました。

「JCBラウンジご招待券」の手配と、実際の利用予約と2回電話をかける必要があり、大したことではありませんが、初めてのことだったので少し疲れました。

予約が完了した後は、招待券とザ・クラスカードを当日忘れないように気を付けて、予約時間通りに現地に向かうだけです。

実際のJCBラウンジ利用体験談については、以下の記事で紹介しています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)ディズニーラウンジ @ニモ&フレンズシーライダー
『JCB THE CLASS』( ザ・クラス)を所有していると、1年に1度、東京ディズニーリゾート内に設置されているJCBラウンジを利用(ア...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る