銀座ランチに日曜も営業しているコスパ抜群の黒豚料理のお店はいかが?子連れにもおすすめだよ

銀座といえばセレブの街。エルメス、シャネル、グッチ、バリー、フェラガモ等、世界の名だたるブランドがお店を構える街です。

なので、銀座は食事をするにも高いというイメージがありませんか?

実際、上を見ればキリがなく、オバマ大統領と安倍首相が会食をしたすきやばし次郎は銀座にあります。食べログで予算3万円~となっているお店です。

そして、トランプ大統領と安倍首相が会食をしたのも銀座うかい亭という銀座にあるお店。ランチでも予算1万円~となっています。

そんな銀座エリアにあって、一人1,000~1,500円程でおいしい黒豚料理が食べられる、いちにぃさんというコスパ抜群のお店があります。

都心部だと日曜・祝日は休むお店もありますが、ここは営業しているので、休日のランチにもおすすめです。

というわけで今回は、個人的にとても気に入っているいちにぃさんをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

いちにぃさんについて

いちにぃさんは、そばつゆで食べる黒豚しゃぶしゃぶが名物のお店です。北海道、兵庫県、福岡県等にもお店がありますが、本店は鹿児島県にあります。

黒豚の本場ともいえる鹿児島県のお店ですから、味については言うまでもないですね。

ちなみに東京都内には、比較的近いエリアに3店舗出店しています。

  • 銀座店
  • 日比谷店
  • カレッタ汐留店

銀座店

ここからは銀座店についての紹介です。

アクセス

いちにぃさん銀座店は、銀座インズ1の地下1階にあります。

一番近いのは有楽町駅(JR・東京メトロ有楽町線)です。その次が丸ノ内線銀座駅。

日比谷駅を利用しても、それほど遠くはないと思います。なので、色々な路線でのアクセスが可能です。

利用可能な路線は以下の通りです。

  • JR山手線(有楽町駅)
  • JR京浜東北線(有楽町駅)
  • 東京メトロ有楽町線(有楽町駅)
  • 東京メトロ丸ノ内線(銀座駅)
  • 東京メトロ銀座線(銀座駅)
  • 東京メトロ千代田線(日比谷駅)
  • 東京メトロ日比谷線(日比谷駅・銀座駅)
  • 都営地下鉄三田線(日比谷駅)

銀座インズ1。東京交通会館と有楽町マルイの間にある道路を有楽町駅から銀座側に進んだところです。

地下へ向かう階段があるので、そこをおりてまっすぐ進むと、

いちにぃさん銀座店があります。

営業時間

いちにぃさん銀座店の営業時間は、

11:30〜22:30

ですが、お得なランチメニューは

11:30〜15:45  

の時間帯でいただくことが可能です。ちなみに14:30までは完全禁煙ですが、その後は分煙になるようなので、タバコが嫌という方は、禁煙の時間帯に利用することをおすすめします。

入店するまでの待ち時間ですが、12時より前なら待つことはほとんどありません。一度13時過ぎに行ったときには、15分程待ったことがあります。

ちなみに、年始以外は無休です。

ランチメニュー

ランチメニューは公式サイトにとてもわかりやすく掲載されています。

とんかつやヒレかつは1,500円となっているものの、その他のメニューはだいたい1,000円前後となっており、鹿児島の黒豚料理としてはお得な価格設定ではないでしょうか。

ここからは実際に利用したときの様子です。

入店すると最初に出てくるお茶は、そば茶です。そばアレルギーのある方は、店員さんに相談しましょう。

そば茶と一緒に、豚味噌(ぶたみそ)という料理も出てきます。これが中々クセになる味です。我が家の幼児も一人でパクパク食べます。

黒豚の野菜蒸しセットです。黒豚野菜蒸し+ちらし寿司+豚汁という豪華な内容。

私は比較的量を食べる方の人間ですが、これだけボリュームがあれば、足りないということはありません。

妻は食べきれないことがあるので、女性の方にとっては少し量が多いかも。ということは、子供とシェアするのに丁度いいですね。

こちらは黒豚ヒレかつセット。ヒレかつだけど豚汁がついています。豚肉尽くしですね。

ご飯は大盛にしているわけではありませんが、結構ボリュームがあります。

ヒレかつはとても柔らかかったらしく、これを食べた妻はご満悦でした。

ランチメニューとは関係ないですが、鹿児島を代表するグルメであるきびなごの刺身をいただくこともできます。醤油ではなく、酢味噌で食べるみたいです。とても美味しかった!

同じく鹿児島の郷土料理、両棒餅(ぢゃんぼもち)をいただくこともできます。

上からかかっているのは、砂糖醤油のタレらしいです。味や食感はみたらし団子に近いと言われているそうですが、コンビニのみたらし団子に慣れている私にとっては、お餅の感触がきちんと感じられて、とてもよかったです。

妻も気に入っているようで、3個中2個は妻にとられました・・・

このように、黒豚料理以外にも、鹿児島の郷土料理を味わうこともできます。

子連れにもおすすめ

いちにぃさんは子連れにもやさしいお店で、子供椅子や取り分け皿等もきちんと用意されています。

子供椅子

子供椅子はこんな感じです。ベルトはありません。

コップ

子供用のコップはプラスチック製なので、万が一落としても割れる心配がありません。

また、大人はそば茶でしたが、子供はお水です。小さな子供にはまだそばは与えていないという方が多いと思うので、安心ですね。

食器

プラスチック製の食器と子供用のスプーン・フォークがあります。

このお皿に取り分けしたらこんな感じになります。

左上の皿は豚汁の蓋です。少し品がないですが、豚汁の蓋は大きいので、取り分けにも便利です。

ちなみに子供用のメニューというものは存在しません。でも、取り分けで十分に対応可能です。お肉が好きな子供にはかなりおすすめ。

トイレ

妻によると、おむつ替え用の台は設置されていないものの、女子トイレにある2つの個室のうちの片方に、はめ込むタイプの補助便座があるそうです。なので、便座に座れる子供なら、トイレの心配は不要です。

一方、男性トイレには、子供に関する設備は一切設置されていません。

ということで、父と子の組み合わせや、おむつ替えが必要という場合には、店内での対応が難しいです。その場合には、いちにぃさんがある銀座インズ1の隣の有楽町マルイを利用しましょう。

4・6・8階にみんなのトイレがあります。また、2・3・5・7階の女子トイレ内にもベビーベッドがあるようです。

おわりに

いちにぃさん銀座店は、銀座という好立地にあるにも関わらず、鹿児島の黒豚料理を良心的な価格でいただくことができる素晴らしいお店です。鹿児島の郷土料理を楽しむこともできます。

ほぼ年中無休で、子供への対応もきちんとしているので、休日に家族で銀座に遊びに行くときには重宝します。

ランチタイムでも支払いに各種クレジットカードが利用可能なのも個人的には高ポイントです。

是非一度食べに行ってみてください! おすすめですよ~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る