ヒルトンオナーズ2人目無料特典の利用の仕方。実際に利用してみたので紹介します。

ヒルトンオナーズ会員特典の1つに、2人目のお客様はご宿泊無料というものがあります。

(ヒルトンオナーズについてはこちらから)

ヒルトンの会員特典まとめ とっても魅力的な特典がたくさん!
初めてヒルトン小田原スパ&リゾートを利用してから、自分の中でのヒルトンへの評価が高止まりしています。 それからヒルトンについて調べてみ...

2人目宿泊無料特典について、公式HPでは以下のように説明されています。

1室2名様でのご利用に対して別途料金を申し受けるホテルの場合、2人目のお客様は、対象となるご滞在で会員の客室に無料でご宿泊いただけます。

この特典は、1名様または1室あたりの料金に追加アイテム(お食事、アクティビティ、駐車場など)や特別料金(パッケージ料金、ベッド&ブレックファスト料金など)が含まれている場合には、いずれのホテルでもご利用いただけません。

出典:ヒルトン公式HP

ただ、具体的にどうやったら利用できるかは詳しく書かれていません(管理人が見つけられなかっただけかも・・・)。

そこで、ヒルトン大阪で2人目無料特典(セカンドゲストフリー特典)を実際に利用してみた管理人が、どうやって利用手続きを行ったかを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2人目無料特典が利用できるシチュエーション

2人目無料特典とは、簡単に言うとこんな感じです。

1室に2人で泊まる場合、1人分の料金でOKだよ。

ただし、1室に1人で泊まっても2人で泊まっても料金が変わらない場合は、関係ないよ。

そして、宿泊プランに朝食やアクティビティがついている場合や、パッケージ料金の場合には、2人目無料は適用されないよ。

ということなので、実際に2人目無料特典を利用できるシチュエーションはそれほど多くありません。

例えば、東京ディズニーリゾートにあるヒルトン東京ベイは、1人で泊まっても2人で泊まっても料金は変わらない(朝食なしの場合)ので、この特典は利用できません。

利用したいヒルトンが、1人で泊まったときと2人で泊まったときに料金が変わるのかどうかは、ヒルトン公式サイトの予約画面で確認すればわかります。

大人の人数のところで「1」を選択して「進む」をクリック。

すると、料金が提示されるので、この料金を覚えておきます。

ブラウザの「前に戻る」機能で1つ前の画面に戻って、今度は大人の人数のところで「2」を選択して「進む」をクリック。

さっきより若干料金が高くなっていることがわかります。

こんな場合に、2人目無料特典の利用が可能です。

予約の仕方

これが正しい方法なのかわかりませんが、管理人はこんな感じで予約をして、特典を利用しました。

まず、大人の人数を「1」として、朝食やアクティビティ等がついていないプランで予約を行います(管理人はシンプルステイを選択しました)。

予約を確定するまでの手順で、「追加のお客様のお名前を入力」という項目がありますが、特に入力はしませんでした。

予約が完了したら、次に、宿泊予定のヒルトンのHPに行きます。

画面の上部中央付近の「お問い合わせ」をクリックすると、問い合わせのための画面が表示されます。

ここで「ホテル全般のお問い合わせ」をクリック。

すると、問い合わせフォーム画面になります。

ここの「お問い合わせ内容」欄に以下のように記載して、送信しました。

〇月×日から1泊で、大人1名、子供1名で予約しました。
実際は、ヒルトンオナーズの2人目宿泊無料の特典を利用して、大人2名、子供1名の合計3人で宿泊したいと考えています。

上記の認識で問題ないでしょうか(予約完了メールに記載されていた料金でいいのでしょうか)。

また、別に何か手続きが必要になりますか?

おそらく、2人目宿泊無料の特典を利用したいと伝えれば、書き方は何だって構わないのではないでしょうか。

そして、問い合わせを送信した翌日に、メールで以下の回答が届きました。

この度はヒルトン大阪にご予約頂きまして誠にありがとうございます。

2人目無料宿泊の特典を適応致しまして、大人2名様、お子様1名様の計3名様にて承りました。
ご料金は、当初と同じく税金サービス料別〇〇,000円でございます。
こちらで特典を適応致しましたので、城山様からのお手続きは必要ございませんのでご安心くださいませ。

ご不明点・リクエスト等ございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。
では、城山様のお越しを従業員一同心よりお待ち申し上げております。

こんな感じで、無事に2人目無料特典が利用できました。

当然ですけど、実際に宿泊したときも案内されたとおりの料金で済みましたよ。

朝食はゴールド会員特典でカバー

2人目宿泊無料特典は素晴らしいサービスですが、1つ弱点があります。

もう一度ヒルトン公式HPを確認してみると、

この特典は、1名様または1室あたりの料金に追加アイテム(お食事、アクティビティ、駐車場など)や特別料金(パッケージ料金、ベッド&ブレックファスト料金など)が含まれている場合には、いずれのホテルでもご利用いただけません。

出典:ヒルトン公式HP

と記載されています。

つまり、2人目宿泊無料特典を利用したければ、エグゼクティブルームにでも宿泊しない限り、朝食付きのプランを諦める必要があります。

エグゼクティブルームに宿泊すれば、朝食ブッフェなどラウンジの食事、飲物が無料で利用可能です。

ただし、ヒルトンゴールド会員なら、朝食なしの素泊まりプラン(シンプルステイ)で、エグゼクティブルーム以外の部屋を予約していても、コンチネンタルブレックファストを無料で食べることが可能です。

「コンチネンタルブレックファストって何?」て感じですが、普通の朝食ブッフェと同じです。

しかも、会員本人だけでなく、同室に宿泊しているもう1名まで無料の対象なので、2人目無料宿泊特典と非常に相性がいいです。

朝食なんか別にいらないよという方は関係ない話ですが、ホテルの朝食が好きだという方には、是非ゴールド会員になることをおススメします。

ありがたいことに、ヒルトンには簡単にゴールド会員になれる仕組みがあります。

ヒルトンオナーズVISAゴールドカードというクレジットカードを持つだけです。

年会費7,470円(消費税込)でヒルトンゴールド会員の資格を維持することができます。

ヒルトンオナーズVISAゴールドカードのメリット・デメリットと実際に取得してみた感想
ヒルトンオナーズVISAゴールドカードというクレジットカードがあります。 所有してさえいれば、ヒルトンの会員プログラムであるヒルトンオナー...

おわりに

2人目無料特典は、家族連れには非常にありがたいサービスです。

これからも利用できることがあれば、どんどん利用していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る