ヒルトン小田原のスーペリアツインルームと朝食の感想

プールを目当てにヒルトン小田原リゾート&スパに旅行に行ったのですが、プールに入れれば部屋のクオリティは特に求めないという考えの下、安く、かつ、バーベキューを食べられる宿泊プランを選択しました。

(プールの記事はこちら)

ヒルトン小田原のプールは混雑していなくて小さな子ども連れにおススメ
我が家は家族全員プールが好きなので、1年に一度はプールに行きます。 娘が生まれてからいくつかのプールに行ってきましたが、2017年はヒルト...

(バーベキューの記事はこちら)

ヒルトン小田原で子連れバーベキュー! 屋内だから快適!
ヒルトン小田原リゾート&スパのプールを目当てに、8月に旅行に行ってきました。 ヒルトン小田原は駅からも遠くて近くに何もないので、電車で...

実際、ずっとプールにいて、ほとんど部屋には滞在しなかったので、自分の戦略は正しかったと思います。

でも、安い宿泊プラン(旅行会社で手配)だったから特に期待していなかったお部屋が、思っていたよりも良かったので、ヒルトン小田原のおいしい朝食の感想と一緒にご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ヒルトン・スーペリア・ツインルーム

ヒルトン小田原には、コテージ、スイート、和洋室スイート、和洋室、ヒルトンルームと様々な種類のお部屋があります。

そしておそらく、ヒルトンルーム(27㎡のツインルーム)が一番安く宿泊できるお部屋だと思われます。

ヒルトンルームには、ヒルトンツインルームとヒルトン・スーペリア・ツインルームがあり、ヒルトンツインルームは喫煙室、ヒルトン・スーペリア・ツインルームは禁煙室となっています。

子連れの我が家は禁煙室を希望したので、ヒルトン・スーペリア・ツインルームに宿泊することになりました。

ローベッド

ヒルトン・スーペリア・ツインルームのベッドはローベッドでした。

そのおかげで、「娘が寝ている間にベッドから落ちないようにしなければ」と気にする必要がなくなりました。ローベッドなら、もし落ちたとしてもそれほど大事には至らないでしょうからね。

しかも、並んでいる2つのベッドは、壁際に寄せることもできました。

これで娘を真ん中にして、家族3人仲良く「川」の字で寝ることができました。

事前にリクエストしておけばベッドガードを用意してくれるホテルはたくさんありますが、ローベッドならそもそもそんなリクエストは必要ないですね。

ベッドの寝心地もよくて、家族みんな朝まで爆睡でした。

座卓

ベッドの横には小さめの四角い座卓が置かれています。丸い座布団もかわいらしいですね。

この座卓は、娘がお絵かきをするときにちょうどいい高さ、大きさでした。シンプルで使いやすいテーブルだと思います。

バス・トイレ・洗面台

バス・トイレは、セパレートタイプではないけれど、シンプルな作りで利用に支障はなかったです。

もちろんトイレにはウォシュレットがついています。

ヒルトン小田原にはスパがあるので、シャワーは使わない可能性が高いですが、一応、シンプルなシャワーと浴槽が設置されています。

ちなみにシャワーの浴槽には、物干しロープがついていて、

ロープを伸ばすとこんな感じになります。

プールの後に水着を洗濯したときは、ここで干すことができて便利です。干すときにはハンガーが必要だと思いますが、

ハンガーはお部屋のクローゼットの中にたくさん用意されています。

続いて洗面台ですが、

洗面台は、これまたシンプルな作りになっています。

歯ブラシ、シャンプー・リンス等のアメニティはこんな感じでした。

写真左側に見える黒い袋は、

開けてみると、

ドライヤーでした・・・洗面所にあるんだからそりゃそうだって感じですね。

このドライヤーはパワーも申し分なく、快適に使用することができました。

子ども用のアメニティ

お部屋とは直接関係ないですが、ヒルトン小田原は、子ども用のアメニティの用意があるホテルです。チェックイン手続きの際に子ども用のアメニティが入った袋を渡されました。

中身は、子ども用のスリップ、歯ブラシ、タオルハンカチでした。

子ども用にアメニティ等の何かを別に用意してくれるサービスは、子どもがすごくよろこんでくれるので、ありがたいサービスだと思います。

冷蔵庫

お次は冷蔵庫。冷蔵庫は小さめのものがありました。1泊だったので、小さくて困るということはありませんでした。

きちんと覚えていないので少し自信がないですが、中には何も入っていない状態だったと思います。

冷蔵庫といえば、ペットボトルのドリンク等を入れることになりますが、ヒルトン小田原にあるヒルトンショップで購入すると、少し多めのお金が必要になります。

周囲に何もない山の上にあるというヒルトン小田原の立地から考えれば、当然と言えば当然ですが、例えば、500mlのペットボトルの水が230円(消費税込)でした。

特に気にならないという方はいいのですが、水にそんなに払いたくないという方は、小田原駅周辺で調達してからホテルに向かうことをおススメします。小田原駅の地下街にはドラッグストアもありましたので。

感想

ヒルトン小田原のスーペリア・ツイン・ルームは、シンプルなデザインで居心地のいいお部屋でした。

小さな子連れの我が家にはローベッドがとてもうれしかったですし、座卓や物干しロープもあってよかったです。そして何より、ヒルトン小田原は全体的に清潔感が感じられます。

一日中プールで遊んで、夜に眠るだけというシチュエーションだったので、このスーペリア・ツイン・ルームで満足でした。

正直ヒルトン小田原はかなり気に入ったので、是非また行きたいと思いますが、次もこの部屋で十分だなと感じました。

ヒルトン小田原の朝食

会場

朝食会場は、「ブラッセリー フローラ」というレストランだと思っていたのですが、我が家が案内されたのは、「ザ・ロビーラウンジ」というレストランでした。

レストランに面した大きな窓から中庭の景色が楽しめる素敵なレストランでした。

レストランの中央に、朝食ブッフェ用の料理が配置されています。これで全部ではなくて、写真の左側に3段くらいの階段があって、そこを登ったところにも料理が置かれています。

座席はソファー席に案内してもらいました。フカフカしていて快適でした。

料理

朝食はブッフェ形式です。和食・洋食等、色々な料理が用意されています。

まずはドリンクです。ジュース類のほか、ミルクも用意されています。

ここで私、またまたバーベキューのときと同じ過ちを繰り返してしまいました。アップルジュースだと思ってグラスに注いで、席に戻って飲んだら、苦手なグレープフルーツジュースだったんですよね。普通間違えないですよね・・・

ところで、コーヒーと紅茶だけは、コーヒーと紅茶のどちらがいいかをスタッフの方が席まで聞きに来てくれるので、そこでお願いする形式みたいです。

続いてサラダ。トマトとコーンがたっぷりあってうれしかったです。

次はオムレツです。コックさんが調理している専用スペースに行って、コックさんにお願いして目の前で作ってもらう形式でした。具材も何種類か用意されていて、希望のものを包んでもらえます。

私は全部入れてもらったのですが、具材がしっかりつまって、かつ、ふわっふわのおいしいオムレツでした。

メインのおかずにはシュウマイや中華まんじゅうのほか、焼き魚や切り干し大根等の和食もチョイス。小田原らしく、かまぼこも用意されていて、これがプリプリとしていておいしかったです。

和食のお供には、やっぱり白いお米とみそ汁と思って食べたのですが、

食べ終わった後に、お好みで作れるちらし寿司があったことに気づき、せっかくだから食べなきゃもったいないと思って、ちらし寿司を丼に盛ってみました。

混ぜたらこんな感じになりました。ちょっとお腹一杯でしたが、なめろうがおいしかったので何とか完食。

メインを食べすぎたので、デザートは軽めに。フルーツ等が用意されていましたが、あまり興味をひかれるものがなく、無難にいちごヨーグルトを選択。

どこでも食べられるものですが、いちごヨーグルトが好きなので、これはうれしかったです。

ちなみに、子ども用のお皿・スプーン・フォークはきちんと用意されているので、子連れでも安心して朝食をいただけます。

感想

ヒルトン小田原の朝食は、品数もそれなりに充実していて、色々な料理を楽しめました。その中でも特に、小田原らしく、魚の料理が充実している印象でした。

焼き魚のほか、ちらし寿司にはなめろうやマグロが用意されていましたし、かまぼこもあったりして、海鮮好きにはうれしいメニュー構成でした。

一方で、高級ホテルらしく、その場で作ってもらえるオムレツもあったりして、クオリティは高いと感じました。

4歳の娘もおいしいねと言っていたので、ぜひまた食べてみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る