ヒルトンゴールド会員になるメリットは? ヒルトン東京ベイの場合

ホテルチェーンとして有名なヒルトンには、ヒルトン・オナーズという会員制度があります。

会員には、上位からダイヤモンド、ゴールド、シルバー、メンバーと4つのランクが存在します。

このうち、上から2つ目のゴールドには、ヒルトンオナーズVISAゴールドカードを所有するだけで、誰でも簡単になることが可能です。

でも、「本当に必要か?」と思ったりしませんか?

そんな方のために、ヒルトンゴールド会員になるメリットを、東京ディズニーリゾートにあるヒルトン東京ベイの場合で紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

いつでも得られるメリット

まずは、繁忙期でもほぼ間違いなく利用できる特典から。

朝食無料

ヒルトンのゴールド会員は、朝食無料特典を利用することが可能です。

この特典を利用すれば、会員本人だけでなく、同室に宿泊しているもう1名まで、朝食ブッフェを無料で食べることができます。

ヒルトン東京ベイの朝食は、消費税・サービス料別で大人3,000円となっているので、2名で6,000円になります。

一人3,000円もするこんなご飯が無料で食べられるので、すごくお得です。

ただし、ヒルトン東京ベイの場合、この特典に関して注意点があります。

それは、無料になるのは、本人と同室に宿泊しているもう1名までという点です。

例えば、我が家のように夫婦と子供1人の合計3人で同室に宿泊する場合、夫婦は朝食無料特典の対象になりますが、子供は特典の対象外です。

そして、子供が4歳以上の場合、子供の料金を別途負担する必要があります(支払は部屋付け可能)。

4-8才:1,850円 9-12才:2,200円
(部屋付けにすれば、ヒルトンプレミアムクラブジャパンの会員特典20%OFFの対象)
ヒルトン小田原は未就学児だと朝食ブッフェが無料だったりするので、ホテルによって子供の扱いは異なるみたいです。

ボトルウォーター

シルバー以上のランクの会員は、1滞在につき2本のボトルウォーターをもらうことができます。

ボトルウォーターというと何のことかわかりにくいですが、要は500mlのペットボトルの水です。

具体的な銘柄は、コカ・コーラの「い・ろ・は・す」で、買えば1本100円くらいはするので、地味にお得です。

チェックインしてお部屋に入ると、お部屋に置いてあります。

(実際は人数分用意されていることが多い気がします。ありがたいです。)

Wi-Fi無料

今時はビジネスホテルでも普通についてるWi-Fi無料サービスですが、ヒルトンでは、ヒルトンオナーズの会員だけが無料で利用可能です。

Wi-Fiにはスタンダードとプレミアムの2種類があり、ゴールド会員はスタンダードWi-Fiです(プレミアムはダイヤモンド会員だけ)。

ただ、これまで一度も不便だと思ったことはないので、スタンダードWi-Fiで十分だと思います。

使い方もコードを入力するだけで簡単です。

これを利用すれば、部屋に戻ってからディズニーアプリでじっくりお土産を購入することができますね。

フィットネスの浴場

ヒルトン東京ベイの宿泊者は、フィットネスにある室内プールとジムを無料で利用することが可能です。

フロント横のエレベーターから地下1階に下りるとすぐのところに、フィットネスはあります。

フィットネスには浴場もあって、通常、宿泊者であっても別途有料です(支払ったことがないので具体的な金額はわかりません・・・)。

ゴールド会員の場合は、この浴場の利用料が無料になります。

出典:ヒルトン東京ベイ公式HP

浴場は割と小さめで、写真のように洗い場が4か所、浴槽が2つ(片方は水風呂)、これとは別にシャワーブースが2か所、サウナという作りになっています。

浴槽のお湯は熱めで、とてもいい気分になれます(子供は熱いと言っていましたが・・・)。

私は浴場の存在を知ってからは、部屋のシャワーではなく、ここを利用するようになりました。

ゴールド会員の場合は、フィットネスの受付で部屋番号を伝えると、フェイスタオルとバスタオルが入ったメッシュのバッグを渡され、浴場を利用することができます。

ちなみに、浴場とは直接関係ないですが、フィットネスのプールは、オムツがとれていれば子供でも利用が可能です。

ヒルトン小田原のプールと同じものを期待してはいけませんが、そこそこ楽しめます。

実際、我が家と同じような親子連れの利用者をよく見かけます。

ヘルパーやアームヘルパーはなく、ビート板があるだけですが、水が好きな子供なら満足できると思います。

ロッカールームはプールも浴場も同じなので、プールで遊んだ後にすぐお風呂に入るということもできます。

個人的には、朝食無料と並ぶくらい、フィットネスの浴場に価値を感じています。

営業時間は、以下のとおりです。

月~金: 6:00~22:00 (最終チェックイン 21:00 施設利用21:30まで)
土・日・祝: 6:00~21:00 (最終チェックイン 20:00 施設利用20:30まで)

出典:ヒルトン東京ベイ公式HP

ウェルカムスイーツ

ヒルトンのゴールド会員は、ウェルカムスイーツをもらうことができます。

ヒルトン東京ベイは、入室後すぐにディズニーランドに出かけられるように(と勝手に解釈している)、事前に部屋に置いてあります。

他のヒルトンだと、入室後に部屋まで持ってきてくれるところが多いです。持ってきてくれるのを待っていると、その間は出かけられなくなります。

ヒルトン東京ベイの場合は、まんまるぼうろというお菓子です。

中身はこんな感じです。小腹を満たすのにちょうどいいですね。

時と場合によるメリット

ここからは、ゴールド会員のメリットではあるけども、繁忙期等の忙しい時には微妙だったりするものを紹介します。

優先チェックイン

ヒルトン・オナーズの会員は、通常の宿泊者用とは別に用意されている、専用のチェックイン受付を利用することができます。

ただ、ヒルトン東京ベイはディズニーリゾートという場所柄か、休日等は本当に人がいっぱいです。必然的にヒルトン・オナーズの会員もたくさん宿泊するということになります。

なので、専用の場所でチェックインできるといっても、普通に並んで待つことになります。というか、これまで並ばずにチェックインできたことがありません。

ごくまれに、会員ではない方が手続きをする通常のフロントの方が空いているときも。

まぁ、大体は優先チェックインの方が早く手続きができるのですが、もう少し並ばないで済めばいいのになというのが正直なところです。

朝食の優先レーン

ヒルトン東京ベイの場合、朝食会場には会員専用の優先レーンが用意されています。

この優先レーンに並ぶことによって、会員ではない方よりも先に席に案内してもらえることが多いです。

そして、ゴールド会員だと、比較的広い席に案内してもらえたりするという印象を持っています。

座席にこんな札が置かれて、この時にはゴールド会員として丁重に扱っていただきました。

ですが、直近の超繁忙期に利用したときには、優先レーンに並んでいても一般客が2,3組先に案内され、優先レーンには我が家を先頭に行列ができるという珍しい現象に遭遇しました。

また、座席も普通の席に案内され、テーブルにゴールド会員という札も置かれませんでした。

我が家はクレジットカードを持っているだけのなんちゃってゴールドだから別に構わないのですが、忙しい時期にはサービスにムラがあるみたいです。

今回の件で、朝食会場の優先席はあまり期待してはいけないものだと認識を改めました。

客室アップグレード

ゴールド会員の場合、客室のアップグレードをしてもらえることがあります(ただし、スイートへのアップグレードはダイヤモンド会員のみ)。

我が家はいつも閉園までディズニーランドにいるので、部屋は何でもよくて、一番安い部屋を予約しますが、これまで何度かアップグレードをしてもらったことがあります。

ただ、アップグレードされるといっても、ヒルトンルーム→セレブリオというアップグレードで、正直あまり違いがわからず、得をした気分になりません。

また、繁忙期等で空室がない場合は、アップグレードされないこともあります。

レイトチェックアウト

これはヒルトン・オナーズの会員であればリクエストが可能なサービスです。

ヒルトン東京ベイは、宿泊客が多いせいか、レイトチェックアウトも結構厳しめです。

超繁忙期だと普通に不可と言われるときもあるし、もしリクエストが通っても、13時までということが多いです。

他のヒルトンのように14時まで滞在できれば最高ですが、次のお客さんがいるなら、仕方がないですね。

おわりに

以上、ヒルトンゴールド会員が、ヒルトン東京ベイで利用ができる主なサービスをご紹介しました。

忙しい時期等には若干微妙なサービスもありますが、朝食無料やフィットネスの浴場無料等は、非常に大きなメリットではないでしょうか。

ヒルトンオナーズVISAゴールドカードの年間維持費、約8,000円で受けられるサービスとしては、非常にコストパフォーマンスがよく、おすすめできます。

ヒルトンオナーズVISAゴールドカードのメリット・デメリットと実際に取得してみた感想
ヒルトンオナーズVISAゴールドカードというクレジットカードがあります。 所有してさえいれば、ヒルトンの会員プログラムであるヒルトンオナー...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る