Google Homeを5歳の子供がいる家庭が買ってみた感想

テレビCMでよく見かけるGoogle Home(グーグルホーム)

娘と妻もCMを見て欲しくなったらしく、二人からの欲しい攻撃に負け、ちょっと無理して買ってみました。

娘は純粋に興味を持ったみたいですが、妻は、一人っ子の娘の話し相手になってくれるんじゃないかと期待したみたいです。

ちなみに購入したのは、miniじゃないほうのGoogle Homeと、テレビに接続するためのChromecast(Ultraじゃないほう)。合計で2万円近くした・・・。

決して安くはない買い物だから、きちんと娘の話し相手になってくれるといいんだけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供の使い方

5歳児が、「おーけー、ぐーぐる」と呼び掛けてもきちんと反応してくれます。娘はそんなにハキハキとしゃべる方ではないので、音声認識能力は優れているようです。

ただ、幼児がGooge Homeで何かできるのかというと、できることはそんなにありません。

実際に娘がGoogle Homeでやっていることは、次の3つくらいです。

ピカチュウとおはなし

「ピカチュウとおはなししたい」とお願いすると、本当にピカチュウとお話できます。

お話できると言っても、「ぴか~」とか言ってくれるだけなので、意味はわからないのだけど。

でも、娘はとても気に入ったようです。Google Homeが「ぴか~」と言うと、それに対して娘も「ぴか~、ぴかちゅう」と返す。

見ているとほほえましいけど、少し将来が心配になる・・・

ちなみに、「ピカチュウとのお話やめる」と言うまで、ピカチュウ語をはなし続けてくれるみたいです。

プリキュアの動画をYou tubeで再生

娘が「おーけー、ぐーぐる。ゆーちゅーぶでぷりきゅあのどうがをみせて」とお願いしたところ、本当にYou tubeでプリキュアの動画が再生されました。これには私も結構感動。

我が家の環境だと、クロムキャストを見られる画面に入力切替をしてからじゃないと再生されないようですが、声だけで動画が始まるなんて、すごい時代になったものです。

その後も、「ゆーちゅーぶで はぐっとぷりきゅあをみたい」とお願いして、はぐっとプリキュアの動画を見たりとすでに使いこなしている模様。

止めないと延々とYou tubeを見続けてしまいますね・・・

あいさつ

朝起きたときに、「おっけー、ぐーぐる、おはよう」

保育園にいくときに、「おっけー、ぐーぐる、いってきます」

家に帰ってきたときに、「おっけー、ぐーぐる、ただいま」

夜寝るときに、「おっけー、ぐーぐる、おやすみなさい」

と娘が言うと、Google Homeがきちんと返事をしてくれます。

娘の話し相手になって欲しいという妻の期待どおりになっているようです。

と思っていたら・・・

最初の1週間くらいは娘もきちんとGoogle Homeにあいさつをしていたのだけど、いつのまにかあんまり話しかけなくなった気がします。

ピカチュウとのおはなしもしなくなったみたいですし、You tubeを見せてとお願いもしなくなったみたいです。

うん、多分飽きたんだな・・・

5歳児がGoogle Homeでできることもそんなにないし、そんなものだよねっていうのが正直な感想。

これから大きくなるにつれて、調べものをするときにGoogle Homeに聞いてみたりする機会も増えていくでしょうから、長い目でみて今後に期待ですね。

親の方がいつのまにかハマってる

というわけで5歳の娘はほとんど使っていないのですが、いつのまにか妻が結構使っていることに気が付きました。こんな感じで使っていて、確かに便利ですね。

目覚まし時計に

寝る前に、「オーケーグーグル、明日の6時に起こして」と声をかけると、アラームをセットしてくれます。時間になるとアラームがなって、きちんと起こしてくれます。

Google Homeが設置してあるリビングと、寝室が隣にあるという都心の狭い住宅事情のおかげですが、Google Homeを買ってからは目覚まし時計を使わなくなりました。

朝、天気を調べる

アラームで起こしてもらった後に、「OKグーグル、おはよう」と伝えると、1日の最高気温、最低気温、天気等を教えてくれます。

いちいち起きてから天気をスマホで調べなくて済むようになったので、とても便利です。

料理をするときのタイマーに

料理をするときに、時間を計らないといけないことがありますよね。

そんなときに「オッケーグーグル、タイマーを〇分にセット」と伝えると、タイマーとしての役割を果たしてくれます。

目覚まし時計といい、タイマーといい、色々な道具の役割を既に奪っている罪な奴ですね。

テレビをつけたり消したり

我が家のテレビだと音量調整やチャンネルの変更はできなかったけど、テレビをつけたり消したりすることができました。

リモコンを押せばいいだけですが、声でテレビをつけたり消したりできるのは、一度慣れるともう辞められません。

テレビを消すときに、リモコンを取るのですら億劫になったというダメ人間ぶりです。

感想

というわけで我が家の場合、5歳の子供はそんなに利用していなくて、親の方がすっかりハマっています。

確かにGoogle Homeはなくても困らないと思うけど、あったら便利で面白いです。

今はまだ子供もそんなに使ってはいないけど、世の中にこんなものが存在すると知ることができるだけでも価値があると思います。

なので、少しでも興味があるなら、買って損はないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る