東京ドームシティ・ラクーア 子連れランチが安いのはGO-FUN(ゴファン)[フードコート]

野球観戦、ヒーローショー、アソボーノ!、ゆうえんち等、子育て世帯にとっては何かとお世話になる機会の多い東京ドームシティ。

折角遊びに行くわけですから、ついでにご飯も食べられるといいですよね。

東京ドームシティにはご飯を食べられるお店がたくさんあるので、選択肢は豊富にあります。

「たまには贅沢を」という日なら東京ドームホテルのブッフェが子連れファミリーにはおススメですが、それなりのお値段ですから、頻繁に行くのはコスト的に難しい面があります。

(東京ドームホテルのブッフェはこちらで紹介しています)

子連れランチ [水道橋・後楽園]東京ドームホテル リラッサ(ブッフェ)
東京にはブッフェのあるホテルがたくさんあります。 でも、小さな子どもと一緒に行くなら、子どもがたくさんいるところの方が安心できますよね? ...

費用の心配をしないで気軽に外食をしたいという場合には、フードコートがやはりおススメです。

ということで今回は、東京ドームシティのフードコート GO-FUN(ゴファン)を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GO-FUN(ゴファン)の場所・営業時間

GO-FUN(ゴファン)は都営三田線の水道橋駅のA5出口を出たところにあります。アソボーノ!とジャンプショップに挟まれるエリアです。

東京ドームシティ GO-FUN(フードコート)より引用

都営三田線の水道橋駅のある白山通りに面しているので、初めて行くときは白山通り側から行くとわかりやすいです(もちろん東京ドームホテル側からも行くことはできます)。

白山通りから撮影した写真です。わかりにくいですが、木の陰に重なって、写真中央にGO-FUNと書いてあります。

GO-FUN(ゴファン)の営業時間は10:00~21:00(ラストオーダー20:30)です。ただし、東京ドームのイベントのときなどは、営業時間が22:00や22:30まで延長されることもあります。

フードコートなので、ランチタイムもディナータイムもメニューが変わらず、夜でも子連れで利用できます。

GO-FUN(ゴファン)の座席や子ども椅子

GO-FUN(ゴファン)の座席には3つのエリアがある

ジャンプショップ側の茶色を基調としたエリア

ジャンプショップ側の入口から入ってすぐ左側のエリアです。

エリアのスペースは広くないですが、大きめのソファー席が3テーブルあります。

このソファー席は大人が6人で食事できるくらいの広さがあるので、広いテーブルでゆったりと食事をしたいという方にはおススメです。

中央の白を基調としたエリア

エリアとしては一番広いです。フードコートによくあるテーブル席がたくさんあります。

アソボーノ!側のキッズテーブル

アソボーノ!側の入口から入ってすぐ右側にあるエリアです。

小さな子どもでも食事がしやすいようにテーブルや椅子が低くなっています

我が家の娘はこのエリアを一番気に入っているようなので、小さな子ども連れにはおススメのエリアです。

もちろん子ども椅子もある

キッズテーブルで食事をするときには必要ありませんが、子ども椅子もきちんと用意されています。キッズテーブルを確保できなかったときでも大丈夫です。

子ども椅子はベルト付きのタイプなので、ベルトで固定すれば、食事中に子どもが立ち上がったりすることがなくて安心です。

子ども椅子は店内の柱のあたりに積んであるので、必要な場合には各自で取りに行き、使った後は元の場所に戻すという形式です。

GO-FUN(ゴファン)にある6つの店舗

GO-FUN(ゴファン)はフードコートですが、都心にあるためそれほど広いわけではなく、6店舗から選択して食事をすることになります。

どのお店も千円以内で収まる商品ばかりなので、子連れの家族3人なら、選ぶお店やメニューにもよりますが、全員合わせても1,500円~3,000円くらいで食事ができます。

丸亀製麺(うどん)

安くておいしい、言わずと知れた巨大うどんチェーン店です。

GO-FUN(ゴファン)の丸亀製麺には子ども専用のメニューがあります。

子どもの好きなえびの天ぷら、いなりずし、たこさんウインナー、さらにアップルジュースまでついています。値段も400円程です。

丸亀製麺では子ども用のお椀・スプーン・フォークを借りることもできる(レジで自分で取る)ので、親の注文したメニューを取り分けることもできます。

また、おにぎりなどのサイドメニューも豊富にあります。小さな子連れには一番おススメのお店です。

Hot Spoon(カレー)

2017年のリニューアルでオープンしたカレー屋さんです。

五反田、丸の内、西新宿に店舗があるようです。利用したことはありませんが、東京ドームシティ店にはキッズカレー(550円)があります。カレー好きの子どもにはうれしい選択肢ですね。

Hot Spoon 東京ドームシティ店より引用

こめらく(だし茶漬け)

創作だし茶漬けというジャンルのお店です。まずは海鮮丼として醤油をかけて食べて、残りをお皿に取り分けて、出汁をかけてお茶漬けにして食べます。海鮮丼のままでも、お茶漬けにしても美味しいです。

このお店はキッズメニューがないので、大人が和食を食べたいときの選択肢になります。

値段は900円前後となっています。個人的にはGO-FUN(ゴファン)の中で一番好きなお店です。

せたが屋(ラーメン)

魚介系醤油ラーメンのお店です。一度利用したことがありますが、濃いめの味付けです。

キッズメニュー(ミニラーメン)があります。お値段は500円程です。

びっくりドンキー(ハンバーグ)

全国にチェーン展開しているハンバーグ屋さんです。イメージ的にはハンバーグ専門のファミリーレストランといったところでしょうか。

ここのハンバーグはジューシーで普通においしいです。

このお店もキッズメニューがあります。お子様レギュラーバーグディッシュとお子様エッグバーグディッシュの2種類で、値段は600円前後です。

(お子様レギュラーバーグディッシュ・ドリンクセット 650円。ドリンクなしは550円。)

フードコートでお肉を食べたいときや、子どもがハンバーグ好きな場合には候補となります。

マザー牧場(カフェ&ソフトクリーム)

搾りたての牛乳を使った濃厚なソフトクリームが売りの、どちらかというとデザート的に楽しむお店です。

このお店のソフトクリームは甘くて本当においしいです。娘がソフトクリームを食べているのを一口もらい、自分も食べたくなって、

チョコレートソフトクリームを追加してしまったほどです。

デザートでプチ贅沢というときにはぜひおススメしたいお店です。ただ、ソフトクリームは360円するので、家族全員が注文するとそれなりの金額になってしまいます・・・

補足:水はセルフサービス(全店舗共通)

各店舗ではソフトドリンクも販売していますが、ソフトドリンクを購入しない場合の飲み物は、セルフサービスの水を利用することになります。

セルフサービスの水は紙コップです。子どもがコップを落としても割れないので、子連れには案外うれしいです。

GO-FUN(ゴファン)の近くのトイレ(おむつ替え台)

GO-FUN(ゴファン)に近いトイレは、アソボーノ!の横にあるトイレか、シアターGロッソの横にあるトイレです。

ここではアソボーノ!の横にあるトイレをご紹介します。

まず、多目的トイレがあります。ここでおむつ替えができます。

また、男性トイレにもおむつ替え台があるので、男性一人でお世話をする必要があるときでも安心です。設置されているのは個室内ではないので、個室が埋まっているときでも大丈夫です。

ちなみに男性トイレの個室内にはベビーキープがあります。

子ども用に低く作られた洗面台もあるので、小さな子どもが一人で手を洗うときにも安心です。

GO-FUN(ゴファン)利用時の注意点

GO-FUN(ゴファン)を利用するときには以下の点に注意が必要です。

支払いは現金のみのお店が多い

最近ではフードコートでもクレジットカードや電子マネーを利用できるところが増えてきていますが、GO-FUN(ゴファン)では、支払いは現金のみというお店が多いです。

これまでの利用経験からクレジットカードの利用有無をまとめると、以下のようになります。

丸亀製麺:利用不可
Hot Spoon:不明
こめらく:利用不可
せたが屋:利用不可
びっくりドンキー:利用可能
マザー牧場:利用不可

ただ、東京ドームグループで利用できるTDポイントは全店舗で付与されるので、TDポイントカードを持っている場合は忘れずに提示しましょう。

イベントの日は大混雑

東京ドームでコンサートや野球が開催されるときなど、イベントがある日は非常に混雑します。昼食や夕食の時間帯は、満席で座席を確保できないことも多いです。

フードコートは通常の飲食店のように並んで待っていれば案内されるわけではないので、行ったらたまたま目の前の人が食べ終わって座席を確保できたということもあれば、何十分待っても座れなかったということもあり得ます。

みんながご飯を食べる時間に利用するときは、座席を確保できたらラッキーくらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

イベントの日にどうしてもGO-FUN(ゴファン)を利用したいという場合は、11時より前や20時以降を狙うなど、食事の時間をずらす必要があります。まぁ、結局は運次第ですが・・・

一方、イベントのない平日の夕方などは比較的空いていて、ゆっくりと利用することができます。近所で暮らす働くお母さんが、保育園帰りに外食で済ませたいというときには、おススメの場所です。

まとめ

東京ドームシティのフードコートGO-FUN(ゴファン)は、キッズテーブルや子ども椅子など、子連れのための設備が整っています。

6店舗中4つの店舗でキッズメニューが用意されていますし、料金的にも都心のお店としてはお財布に優しいです。

とても人気があるので、イベントのときなどは非常に混雑するという問題点もありますが、東京ドームシティで食事代を安く抑えたいときにはおススメの場所です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る