フジ・コーポレーション[7605]の株主優待(ギフトカード)

株主優待には色々なものが存在しますが、ギフトカードを株主優待としている企業があります。ギフトカードは有効期限が無く、現金と同等の価値がある、お得感の高い優待です。

今回は、ギフトカードを株主優待としている企業の中でも、2017年7月14日時点での利回りが比較的高いといえる、[7605]フジ・コーポレーションの株主優待の紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フジ・コーポレーションについて

フジ・コーポレーションは、『タイヤ&ホイール館フジ』を展開する会社です。店舗の名前の通り、タイヤやホイールを販売しています。ジャニーズの近藤真彦氏が出演するCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

この会社は、タイヤやホイールをネットショッピングでも販売している点に独自性があります。また、プライベートブランド商品の販売や、独自の輸入ルートによる海外調達などの取り組みも行っています。

業績面では、2012年10月期から2016年10月期までの5年間を振り返っても順調に売上高を伸ばしており、2016年10月には東証一部への昇格も果たしました。

タイヤやホイールというものはただの消耗品のように思えます(消耗品という点だけでもビジネスとしては価値があると思います)が、車を趣味とする方のタイヤやホイールに対する消費は凄まじいものがあります。

私の知っている方にも、月給以上の金額のタイヤやホイールを買うという方が複数名います。つまり、他の何を犠牲にしてでも車につぎ込むという消費行動です。そのような方々が顧客になりうる会社ですから、車離れが進んでいると言われる昨今でも、案外先行きは暗くないように思います。

さらに、九州や四国にはまだ店舗を持っていないので、これらの地域に出店すれば、今後も成長を続ける余地があります。

株主優待の内容

フジ・コーポレーションの権利確定日は4月末日です。4月が権利確定日の優待銘柄は数が少ないので、それだけでも価値があります。

所有株式数が100株以上の株主に対して、以下の基準により三菱UFJニコスギフトカードが贈呈されます。

所有株式数 優待内容
100株以上 5,000円分の三菱UFJニコスギフトカード
1,000株以上 10,000円分の三菱UFJニコスギフトカード
5,000株以上 20,000円分の三菱UFJニコスギフトカード

※2017年2月に100株以上500株未満の優待が大幅に拡充され、上記基準となりました。

※2018年4月からは、1年以上の継続保有が必要になりました。

優待の現物

2017年4月末に100株を保有していたので、5,000円分の三菱UFJニコスギフトカードをいただきました。

1,000円券×5枚ではなく、5,000円券×1枚です。なので、1回で5,000円以上のお買い物をしたときに使用する必要があります。
2018年の優待からは1,000円券になるようです。より使いやすくなりますね。

ギフトカードに同封されていた挨拶状です。「贈呈させていただきます」だなんて、恐縮です。

使えるお店の案内も同封されていました。首都圏の大手百貨店はどこでも使用可能です。イオンやイトーヨーカドーでも使えます。

そのほか、ニトリ、エディオン、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ロイヤルホストなどで使用可能です。使い道に困ることはなさそうですね。

なお、フジ・コーポレーションでも利用可能です。

100株所有の利回り

フジ・コーポレーションの2017年7月14日時点の株価はおよそ2,000円なので、100株購入した場合の利回りは、

  • 取得価格      :200,000円(2,000円×100株)
  • 配当金(年1回10月):    3,000円(30円×100株)
  • 優待(年1回4月)   :  5,000円(ギフトカード)

という数値から、4% [(3,000+5,000)/200,000=0.04]となります。優待と配当を合計した投資利回りが4%というのは、比較的高い数値です。

200株以上所有した場合は優待利回りが低下するので、利回り目的で所有する場合は、100株だけ所有するのがおススメです。

ただし、金券系の優待は改悪される可能性も高いと思われるので、その点はリスクです(継続保有が条件になったので、改悪リスクは減ったと考えてもいいかもしれません)。

子育て世帯が優待で買ったもの

5,000円もあるので、ロイヤルホストでステーキを食べようと思っていたのですが、今回は娘にせがまれていたおもちゃを買うことにしました。

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店がおもちゃを扱っているおかげで、このような使い方が可能です。

2017年7月16日放映の回で、キラキラプリキュアアラモードに初登場したキュアパルフェのおもちゃです。3つ合わせて5,000円を少し超えるくらいでした。

(パルフェレインボーリボン。電池は別売りです。)

購入して家に帰ってきたら、娘はずっとこれで遊んでいました。

デパートや家電量販店で使用できるので、ギフトカードの優待は、いくらもらっても困ることはありません。

まとめ

タイヤやホイールを販売するフジ・コーポレーションの株主優待は、三菱UFJニコスギフトカードです。百貨店や家電量販店などで使用できる、利用価値の高い株主優待となっています。

金券の株主優待は改悪されるリスクが高いですが、2017年7月14日時点の株価だと、100株を保有した場合の「配当+優待利回り」は4%あります。

「配当+優待利回り」の高い株や、株主優待としてギフトカードをもらえる株を求めている方には、2,000円以下の株価ならばおススメできる銘柄です。

※株式投資は損失が発生する可能性がありますので、株式の購入は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る