セイリングデイ・ブッフェで子連れディナー[東京ディズニーシー・パーク内レストラン]

先日のディズニーリゾートへの旅行ではバケーションパッケージを利用したのですが、初日の夕食として、パーク内のレストランでのディナーがついていました。

東京ディズニーランドの「イーストサイド・カフェ」・東京ディズニーシーの「セイリングデイ・ブッフェ」のいずれかが選択可能でした。

今回は東京ディズニーシーにオープンした「ニモ&フレンズ シーライダー」と「JCBラウンジ」の利用が目的だったので、東京ディズニーシーの「セイリングデイ・ブッフェ」を利用しました。

「セイリングデイ・ブッフェ」は初めて利用しましたが、好きなものを好きなだけ食べられるブッフェスタイルはいいですね。

ということで今回は、子連れでの「セイリングデイ・ブッフェ」のディナーについてご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

セイリングデイ・ブッフェの場所

「セイリングデイ・ブッフェ」はアメリカンウォーターフロントのSSコロンビア号とタワー・オブ・テラーの間にあります。

「セイリングデイ・ブッフェ」はSSコロンビア号の就航記念パーティー会場という設定なのだそうです。座席に着席したときのキャストの方からの説明を聞いて初めて知りました。

だからSSコロンビア号の横にあるんですね。

確かに船の貨物倉庫を飾ってパーティー会場にしているという感じがします。

こんな細かい設定も大切にしているディズニーリゾートは本当にすごいです。

座席・子ども椅子について

テーブルは普通の四角のテーブルでした。広くも狭くもないですが、ブッフェなので料理をたくさん持ってくると厳しいかもしれません。

子ども椅子はベルトのあるタイプです。じっとしているのが苦手な子の場合は、ベルトがあるタイプはありがたいです。

子どもの食器・コップについて

食器について

子ども用の取り分け皿、エプロン、スプーン、フォークは特に用意されていませんでした。

また、子ども用のお箸もありませんでした。ただ、食べログの「セイリングデイ・ブッフェ」のページを見ると

・お子様用のエプロンをご用意しています。
・お子様向けに、プラスチック製のフォーク・スプーンをご用意しています。

※お子様向けのお料理プレート(ミッキープレート)のご用意はありません。

と記載があるので、お願いすればエプロン・フォーク・スプーンは用意してもらえるのかもしれません。

当日はこのことを知らなかったので、娘には大人用のスプーンとフォークでがんばって食べてもらいました。

コップについて

「セイリングデイ・ブッフェ」のドリンクはドリンクバーでした。

子ども用のコップは特に用意されていませんが、ドリンクバーのコップ自体がプラスチック製だったので、子どもが落として割ってしまうという心配はなさそうです。

ストローも子ども用のストローはありませんでしたが、ドリンクバーのストローが曲がるストローだったので、子どもがドリンクを飲むのに困ることはなかったです。

メニューについて

ブッフェといえばローストビーフなんでしょうか。ここでもローストビーフが人気でした。

ローストビーフは料理人の方が取り分けてくれたのですが、持っていたプレートに乗せるか、別の皿を用意するかを聞いてくれました。丁寧な対応が高ポイントです。

真ん中にあるのは海鮮饅頭です。旗に「セイリングデイ・ブッフェ」と書いてありました。手が込んでいます。

そのほかにはスパゲティ、チャーハン、チキンライス、とんかつ等、子どもの好きなメニューがたくさんありました。

さらに、ナゲット、ポテト、ウインナーと子どもの好きなメニューが盛沢山。

一方で、サラダ類もきちんと用意されていて、野菜を食べさせられたのでよかったです。

写真右下のいくらのちらし寿司が個人的には一番おいしかったです。

コーンチャウダーも良かったです。小さい子どもにもおススメできます。

うどんもありました。ただ、コシが強いので、好き嫌いが分かれるかも。

デザートも充実していました。子どもにはたくさん食べさせたくないですが、自分が好きなのでつい取りすぎてしまいました。チョコレート系のケーキがシンプルな味でおいしかったです。

トイレ・おむつ替え設備について

子連れでレストランに行く場合、トイレの設備は重要です。

子ども用のスプーンやフォークが誰でも利用できる場所に用意されていなかったので、あまり子ども向けの店ではないのかもしれないと思っていましたが、レストラン内のトイレの設備はそれなりに充実していました。

まず、みんなのトイレがありました。さらに、男性トイレの中にもベルト付きのおむつ替え台がありました。

なので、男性だけでも子どものトイレのお世話ができそうです。

男性トイレの洗面台も、2台のうち1台は子ども用に低く作られていて、子どもが一人でも手を洗えるようになっていました。

予約・料金について

予約について

「セイリングデイ・ブッフェ」はプライオリティ・シーティング実施レストランなので、事前または当日朝の受付が必須です。

今回はバケーションパッケージを利用したので、予約時間に入店したらすぐに席に案内されました。バケーションパッケージはやっぱりすごいですね。

料金について

大人2名と4歳児1名の我が家の場合は、7,410円もしたことになります。

バケーションパッケージで利用する場合だと当日の支払いがないので、少し得した気持ちになります(パッケージ自体がものすごい料金なので本当は全然得ではありませんが)。

その他

  • 店内は禁煙です
  • ブッフェは90分制です

感想

90分制と時間が短いことと、(お願いすればあるみたいですが)子ども向けのスプーンやフォークがなかったことが若干気になりしたが、ブッフェで色々な料理を楽しめたという点で、「セイリングデイ・ブッフェ」での子連れディナーは満足できるものでした。

バケーションパッケージのおかげで今回初めて利用する機会に恵まれましたが、是非また利用してみたいと思いました。

ディズニーシーの中で色々なものをお腹一杯食べたいというときにはおススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る