投資歴10年の凡人投資家が、過去の教訓からたどりついた投資方法

管理人が投資の世界に足を踏み入れたのは、リーマンショック直後の2008年の年末頃でした。

なので、もうすぐ投資歴は10年になります。

当時は日経平均も1万円より下でしたし、今思えば、投資を始めるタイミングとしては最高のタイミングだったと思います。

にもかかわらず、全く投資で成功できていません・・・

私よりも後に投資を始めたのに、億り人として金融系の雑誌で紹介されている人が何人もいます。

凄いですよね。本当に尊敬します。

私もわずかばかりの利益は出せていますが、アベノミクス下の良好な経済環境においては、そんなの当たり前です。

これまで億り人を夢見る優待株投資家として頑張ってきましたが、最近は株主優待にも少々お疲れ気味というのが正直なところ。

株主優待に疲れたかも。優待を管理したり使い切ったりするのは大変だから保有株を減らしてみた。
私が投資を初めてからもうすぐ10年になります。 短期投資の才能がなかった私は、優待株投資という手法にたどり着いて、これまで実践してきました...

そんなわけで、優待株はお気に入りのものだけを残して、今後は別の投資方法を実践していこうと思うようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

これまでの投資経歴

今後どうするのかという話の前に、そもそもこれまでどうやって投資をしてきたのかについて書いてみたいと思います。

日本の大型個別株

もともと自分の中では、投資=日本株みたいなイメージがあったので、コツコツ貯めたお金で、まずはみずほ銀行の株を買ってみました。

みずほ銀行の株に決めたのは、大きな銀行なら安泰だろうと思ったことと、配当利回りが良かったことが理由です。

当時はまだ1単元が20万円くらいだったと思います(購入直後の2009年1月から1単元が10分の1になって、1単元が2万円台になりました)。

でも、何も考えずに当時の自分としては大きなお金を投資してしまったので、その後の含み損に耐えられず、すぐに損切りをしてしまいました。

確か3~4万円くらい損をしたと思います。

これが初めての失敗体験です。

まぁ、みずほ銀行の株価は10年たってもほとんど変わっていないので、損切りして正解だったと思います。

FX

みずほ銀行の株を買った後、他にどんな株を買えばいいのだろうかと投資に関する記事やブログを読み漁るようになりました。

そこで頻繁に見かけたのが、FX(外国為替証拠金取引)です。

当時はFX会社のキャッシュバックキャンペーンが流行っていて、口座開設するだけで5千円キャッシュバックみたいな会社がたくさんありました。

「口座を作るだけでお金がもらえるなら」と口座を作って、早速FXを始めてみることに。

投資に たられば は禁物ですが、初めてFX口座に入金したとき、豪ドル/円のレートが56円台だったことを今でもはっきりと覚えています。

歴史上のほぼ底値です。今なら全力で買いにいく水準ですね。

でも、当時の私は、「さらに円高が進んだらいつか強制ロスカットをされて、大事なお金がなくなってしまう」と思って、買うことができませんでした。

今思えば、大暴落直後に買い向かうことの難しさを身をもって体験していたんだなと思います。

元々慎重な性格なので、大きくポジションをとることもできず、1,000通貨単位(当時は1万通貨単位が主流)で取引ができる会社を使って、手動で、いわゆるトラリピ(トラップリピートイフダン)を行っていました。

実はこの手動トラリピは、そこそこうまくいって、給料からの追加投資は株ではなく、FXに振り向けるようになっていました。

なので、投資を始めた初期のころは、株式投資家というようりはFX投資家だったわけです。

ところが、少しでもうまくいくと、調子に乗ってしまうのが人間の怖いところです(私が愚かなだけかも・・・)。

手動のトラリピを継続していれば大きく負けることはなかったかもしれないのに、MT4 というプラットフォームを利用した、自動売買に手を出すようになりました。

手動で取引をしていたころは、ロングポジション(円安になると有利)しかとらなかったのに、自動売買によって、ショートポジション(円高になると有利)もとるように。

そして、2012年のアベノミクスが始まる頃には、歴史上かなりの円高水準になっていたにもかかわらず、自動売買によって、米ドル/円のショートポジションが積みあがっていました。

アベノミクスによって一方的な円安方向への動きが始まり、全く円高に振れる気配がなく含み損が膨れ上がっていきます。

FXの強制ロスカットは、冗談抜きで、投資資金をほぼ全て失います。

怖くなった私は、勇気をふり絞って損切りをしました。

結果、それまでの約3年間のFXで積み上げた数十万円の利益をわずか数日で失いました

アベノミクスで利益をあげた投資家がたくさんいるのに、私はアベノミクス初期では大きく損をしたわけです。

ただ、これまでの利益を失っただけで済んだのは、不幸中の幸いです。

2012年といえば、プライベートでは、大切な娘が生まれた年です。

子供の将来に対する責任が生じたわけで、レバレッジをかけるFX取引は非常に危険だと考えて、このときにスッパリと足を洗いました。

FXで稼いでいる人がいるのも事実です。私に投資家として才能がないだけで、FX取引自体を否定するつもりはありません。FXをされている方はお気になさらず。

中国株

2012年頃まではほぼFX中心の投資生活でしたが、少しだけ中国株にも手をだしたことがあります。

確か2010年頃だったと思います。

ですが、中国株のピークはとっくに過ぎていて、ほとんど儲かりませんでした。

結局、FXの方が稼げそうだったので、すぐに撤退。

撤退した後の値動きは把握していませんが、中国株が伸びたという話は聞きませんし、今は中国経済が次のリスクであるとの話もあるので、撤退しておいて正解だったと思います。

優待株

みずほ銀行の株で損切りをした後、主にFXに資金を投下していましたが、同時に株主優待にも魅力を感じるようになっていました。

きっかけは、有名な みきまるの優待バリュー株投資 を知ったことです。

いつかは、みきまるさんのような億り人になって、優待三昧の生活を送りたいと思ったものです。

ただ、優待株投資は、元本がそれなりにないと厳しい投資です。まともな優待株だと、良くても年間利回り5%がいいところです(配当+優待で5%)。

若かった私は、「FXで年利10%以上稼いで、そのお金で優待株を買えばいいじゃん!」と考えて、優待株投資にはほとんど力を入れていませんでした。

そして、FXから足を洗った後、5%で十分じゃないかと考えて、優待株投資をメインの投資とするようになりました。

その後、アベノミクスで日本の株式市場全体が上昇し、私の優待株投資もそこそこの利益は出せました。

でも、大きくは勝てなかった。それはなぜかというと、多分、これだと思った銘柄で勝負をかけることができなかったからです。

株式投資には、配当や優待による収益(インカムゲイン)と、値上がりした株を売却することで得られる収益(キャピタルゲイン)があります。

優待株投資で成功している方は、きちんとキャピタルゲインもゲットしている印象があります。例えば、21世紀投資のv-com2さんなんかはそうだと思います。

一方で私は、勝負すべきと思った銘柄があっても、そこに集中投資するのではなく、他の優待株に分散投資をしてきました。

優待株投資は、最小単元に投資した方が見た目の利回りがよくなることから、目先の利回りを重視してしまったわけです。

単純に、集中投資で失敗して損をするのが怖かったからというのも理由の1つです。

こうして、1単元ずつの優待株を増やしていくという投資をしていると、株価が上がっても株を売ることが難しくなってしまいます。

売却してしまったら株主優待をもらえなくなってしまうからです。

その結果、大きな含み益が出ていても売却できずに、結局、買値近くまで戻ってしまったという経験を何度もしています。

それなら集中投資をすればいいわけですが、頭ではわかっていても、いざ実践するとなると難しいわけです。自分の気持ちがそれを許さないわけですから。

結局私のようなタイプは、優待株投資では負けないけど勝てないという状況から脱することはできなさそうです。

この現実を悟りつつあったわけですが、ここ数カ月の仕事の忙しさもあって、株主優待命の生活に疲れたなと思うようになってきました。

今後の投資方針

優待株投資をしてきたときの自分の傾向を振り返ると、

  1. とにかく分散投資をしてしまう
  2. 値下がりした株が再度上昇する自信がないから、買い増しすべきときに損切りしてしまう

という感じでした。

なので、今後はこれら2点の問題点をクリアできる投資商品を購入していきたいと思います。

VTI

具体的には、米国株全体に投資するETFである、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)です。

このETF自体が米国株全体に投資するものなので、これを買うこと自体が分散投資になります。

分散投資をやめられないなら、とことん分散投資をすればいいやという開き直りです。

そして、日本の個別優待株だと、値下がりした後、再度上昇することが永遠にないかもしれませんが、米国市場全体がもう上昇しないなんてことは考えづらいので、市場全体が暴落することがあっても、日本株よりは買い向かいやすいと考えています。

結局のところ世界はアメリカを中心に回っているわけですから、アメリカという国の成長に素直に乗っかろうと思います。

少子高齢化で人口が減少していく日本とは違って、アメリカは今後も人口が増加していくと予測されているので、今後も成長が続くことでしょう。

このETFを毎月一定額ずつ購入していきたいと思うわけですが、VTIは、米国株という扱いなので、ドルで購入する必要があり、手続きが若干面倒です。

また、米国株は購入手数料が、例えばSBI証券の場合、約定代金×0.45%(下限5ドル)となっており、1回で10万円分くらいは購入しないと手数料負けしてしまいます。

私のような庶民には、1回で10万円という投資金額を継続的に出すことはできません。

楽天VTI

庶民がVTIに投資するのは若干厳しいわけですが、VTIをベンチマークとする、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)という投資信託があります。

年間0.1696%の信託報酬が必要(VTIの信託報酬は0.04%)ですが、購入時の手数料が必要なく、少額での投資に向いています。

また、購入時にドルに資金を変える手間も必要なく、最低100円から購入することが可能です。

まさに私のような面倒くさがりの弱小投資家向けの商品となっています。

しかも、2018年10月からは、投資信託の積立を楽天カード決済で行うと、積立額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

そんなわけで今後は、積立NISAを利用して、楽天VTIを楽天カード決済で毎月積み立てて行きたいと思います

おわりに

FXや個別株投資で頑張ってきましたが、結局、市場平均を超える利益を上げることは凡人の私にはできませんでした。

その結果、市場平均を狙う(市場に連動するインデックスファンドに投資する)投資方法に落ち着くことになりそうです。

いつか市場が暴落するときがやって来るでしょうが、そのときに心を乱さずに淡々と購入できるような商品に、日頃から投資しておくことが重要だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る