東京ドームホテルのアーティストカフェで子連れランチ。東京が一望できる、キッズメニューのあるレストラン。

東京ドームホテルに、アーティストカフェというレストランがあります。

東京ドームホテルには、リラッサという超人気のブッフェレストランがありますが、

子連れランチ [水道橋・後楽園]東京ドームホテル リラッサ(ブッフェ)
東京にはブッフェのあるホテルがたくさんあります。 でも、小さな子どもと一緒に行くなら、子どもがたくさんいるところの方が安心できますよね? ...

アーティストカフェも素敵なレストランです。

東京ドームホテルの最上階にあって、東京を一望できます。

キッズメニューもあるので、子連れでも安心です。

今回は、アーティストカフェでの子連れランチ体験をもとに記事を書いてみます。

※あくまでもランチの話です。ディナーについてはカバーしていません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

基本情報

料金

料金は、サービス料込みで税抜3,000円です。

この料金で、メインディッシュとブッフェ(前菜・サラダ・デザート)に、コーヒーまたは紅茶がつきます。

これがパノラマランチといわれるもので、アーティストカフェでランチを食べるなら、このパノラマランチを必ず注文することになります。

例えば、ブッフェはいらないからもっと安くならないのかというと、そういう注文の仕方はできません。

ちなみに、メインディッシュは数種類あるメニューから選ぶ形式です。ただし、選択するメインディッシュによっては追加料金が発生します。

メインディッシュは、季節によって内容が変わると思われます。

また、4歳~小学生までを対象とした、キッズパノラマランチもあります。

こちらはサービス料込で、税抜2,000円となっていて、メインディッシュとブッフェ(前菜・サラダ・デザート)に、ドリンクがつきます。

営業時間

アーティストカフェの営業時間は以下のとおりです。

平日:11:30 – 14:30(ラストオーダー 14:00)
土・日・祝日:11:00 – 15:00(ラストオーダー 14:30)

土・日・祝日は90分制となっていますが、実感として、90分もあれば十分でした。

予約は必要?

東京ドームホテルのリラッサは予約必須のレストランですが、アーティストカフェは予約していないと入店できないほどではありません。

管理人の経験だと、休日に予約なしで行ってもすぐに入店できました。

ただ、外の景色が見られる席は空いていなかったので、アーティストカフェからの素敵な眺望を楽しみたいという方は、予約しておいた方が無難でしょう(予約をしたときは窓側の席に案内されました)。

予約なしでも入れるという保証もありませんしね。

予約には一休.comが便利です。地域を水道橋・御茶ノ水・神田エリアに絞って検索すれば、東京ドームホテルが候補に出てきます。

エレベーターは要注意

アーティストカフェは東京ドームホテルの43階にあるので、エレベーターで向かいます。

東京ドームホテルには6台のエレベーターがありますが、43階に行けるのは3台だけです。

乗るエレベーターを間違えないように注意しましょう。

(写真中央にあるプレートを見れば、何階に止まるかがわかります)

店内の雰囲気

43階に上がって、レストランらしき入り口に進むと、アーティストバー「C Maj7」(シーメイジャーセブンス)があります。

このあたりにスタッフがいるので、アーティストカフェのランチを利用したいと告げると、奥の方にあるアーティストカフェに案内してもらえます。

アーティストカフェは青を基調としたレストランで、落ち着いた雰囲気になっています。

食事をとりに行くときに殺伐とした雰囲気の漂うリラッサとは異なり、アーティストカフェはゆったりとくつろげます。

テーブルもリラッサより広めです。

素晴らしい眺望

アーティストカフェの一番の売りは、43階からの眺望です。

テーブルの場所にもよりますが、都心部を一望できます

管理人の座った場所から見えた景色は、都心方向ではなくて反対側でしたが・・・

でも、この方向だったおかげで、東京ドームを真上から見ることができました。

こんな景色が見られるのは、東京ドームホテルの高層階ならではですね。

パノラマランチ

パノラマランチについて具体的に見ていきましょう。

メインディッシュ

メインディッシュの候補が9種類もありました。

この中から、渡り蟹(300g up)のトマトクリームスパゲッティーニ(妻)と牛ほほ肉のブラザート トリュフ香るじゃが芋のピュレ(私)を注文してみました。

蟹がデカいです。

カニ身を食べる前提なのかわかりませんが、妻がひたすらウマいウマいとカニ身を食べておりました。

牛ほほ肉は、量が少ないです。ボリューム重視派には物足りないかもしれません。

でも、そこはブッフェで前菜やサラダ等をたくさん食べればカバーできます。

そして、ほほ肉はとにかく柔らかかったです。一言でいうと、お上品って感じ。

あとは、一人一つずつパンがもらえました(子供の分もあった)。おかわりもできるみたいです。

オリーブオイルにつけていただきました。

キッズメニューのメインディッシュ

キッズパノラマランチのメインディッシュは、ラザニアナポリピザボローニャ風スパゲッティの3種類。

この中から娘が選んだのは、ラザニアです。

食べきれなくて残したものを私も食べましたけど、個人的には自分が食べたものよりこっちの方が好きな味でした。

娘が残したのは、単純に量が多かったからみたいです。

前菜やサラダを食べた後だと、メインディッシュを食べきれないみたいです。

ブッフェ

メインディッシュを注文した後、メインディッシュが到着するまではブッフェで前菜やサラダを食べることになります。

ブッフェとはいうものの、種類は全然ありません。ざっくりと10種類くらいかと。

種類が少ないので、簡単に全種類制覇が可能です。味もいいと思います。

ちなみに、ブッフェにはデザートもあります。

ケーキやアイス等があります。こちらも10種類弱のラインナップです。

ドリンク

ドリンクは、食後に提供されました。コーヒーまたは紅茶を選択可能です。

キッズメニューのオレンジジュースは、こんな感じです(隣にあるのは水)。

補足情報

子供椅子

我が家はもう利用しないので実際には使っていませんが、店内にあるのは目撃しました。

ホテルの公式HPにも、お子様用チェアの用意があるという記載があります。

おむつ替え台

男性トイレにもおむつ替えの台があって、実際におむつ替えをしているパパさんがいました。

ホテルの公式HPを見ると、アーティストカフェは男性トイレでも女性トイレでもおむつ交換ができるようです。

3階のリラッサの男性トイレにはおむつ交換スペースがないので、この点はリラッサよりもいい点だと思います。

お支払い

現金、各種クレジットカード、東京ドーム商品券、JCBギフトカード、VJAギフトカードでの支払いが可能です。

東京ドームグループのポイントカードであるTDポイントカードを提示すると、TDポイントももらえます。

また、東京ドームグループが法人に案内している特別なチケットである得10(とくてん)チケットを利用して支払うことも可能です(この場合はTDポイントはもらえません)。

得10チケットで支払う場合、ランチタイムは10ポイント(1冊)が必要です。

ちなみに、リラッサはエポスカードを提示することで5%OFFになりますが、アーティストカフェにエポスカードの割引はありません。残念・・・

おわりに

アーティストカフェは、ブッフェと呼ぶには料理の種類がそれほど多くないです。

ブッフェをガッツリ楽しみたいという方には、リラッサをおススメします。

東京ドームホテル リラッサ 北海道フェアのディナーに子連れで参戦
東京ドームホテルのブッフェレストラン「スーパーダイニング リラッサ」では、毎年春と秋に北海道フェアが開催されます。 東京ドームホテルは立派...

でも、

  • 家族でゆっくりと食事を楽しみたい
  • 東京を一望できる景色を堪能したい

という方には、アーティストカフェの方がおススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る